2016年08月02日

アメリカの大統領予測




アメリカの時期大統領は、民主党のクリントンに決まりそう。
サンダース候補を応援する人たちも、オバマ大統領の素晴らしい演説と、サンダースがクリントンを支持すると決断して、民主党はほぼ一つにまとまった。
共和党の方は、元大統領が欠席するなど、一枚岩になれないのが致命傷。
これからの政治は、女性がトップにたてば、平和的外交が期待できる。
女性達は、戦争が悪であると知っている。子供達を戦争に駆り出さないための解決方法を模索する。
ISとの、平和的な解決も、女性達が、国のトップに立つことから可能になるのではないかと思う。
ドイツのメルキエル首相なような首相や、大統領が沢山出て来れば、世界は平和的な方向に転換できると確信する。
男達は、死にたがっている。
戦って死にたがっている。男達は、死に花を求める。
19人もの、抵抗できない人々を殺戮した男も、池田小学校に押し入って子供達を殺戮した、あの男も、秋葉原の群衆の中に突っ込んだ男、ニースに、大型のトラックで突っ込んで、多くの人を殺した、あの男も、日本の男達がかつて作り出した、特攻隊と共通する。
死に花を咲かせることが男達の美学なのだ。

そんな男達に政治を任せてきた長い歴史が、地球を救いがたい状態にまで追い込み、一部の選ばれた男達だけが、宇宙に移住計画を持っている。
まるで、ノアの箱船だ。
女達は、家を守り、地に大地に、根を下ろして、家庭の平和を守ろうとする。
三界に家なし、としたのは、男達。
虐げられて、耐えてきた女性達は、市民権を勝ち取って、いまやっと女性が男と対等に生きられる時代に入りつつある。
戦争のない平和な世界は、女性達の切なる願い。
女性が長生きするのは、生きることが目的だから。執念と言ってもいい。生きることが大事だから。子供にも長生きして欲しいと願う。
女性達は、戦争が悪だと知っている。
小池都知事に期待している。したたかに、男達をさばいて、都民の平和のための政治を。
  

Posted by アッチャン at 23:52Comments(0)日々の事

2016年07月21日

巨泉の遺言




昨夜、テレビで、巨泉が亡くなったことを各局が報じていた。
その中で、とても大事なメッセージをTBSが取り上げていた。読売も、フジテレビも、そのことに関しては一言も触れなかった。
最後の遺言、と題した、週刊現代に、
阿部政権の脅威を伝えている。
戦前と変わらない、今の日本。平和と自由が奪われ、戦争にいつの間にか駆り出される、大衆の危機を、ずっと訴えてきた人が、最後になると思われた、連載で、国民の心を動かす言葉を死の間際に、振り絞るようにして書いた、大切なメッセージ。
言論の自由が奪われたテレビ局は、一言もだせなかった。
戦争を体験し、平和を願い、民主主義の危機に、一貫して正義を貫いた人が、また、一人亡くなった。
週刊現代をどれだけの人が読むのかわからない。
こういうことこそ、ツイッターや、フェイスブックで、流すべきだと思う。
鳥越さんの、女性スキャンダルを今日の、週刊文春が出すという。
リベラルを許さない、どこかの権力が仕掛けたことだろう。
戦争は悪だと叫び、言論の自由と平和憲法を堅持しよう、民主主義を訴える人達が、消えていく。
巨泉は、ずっと 現代に、平和と言論の自由が奪われ、戦前と変わらない、阿部政権を非難してきた。

原発反対、憲法改正反対、言論の危機を訴える人が危ない。  

Posted by アッチャン at 10:56Comments(0)日々の事

2016年07月20日

大橋巨泉の訃報





テレビに巨泉の訃報が伝えられた。
やはりと思った。
徹子の部屋に、永六輔と共に出演していた巨泉。
家族から止められたけど、今の姿を見てもらって良い。
永六輔は、病院に入院中、徹子の部屋に出ていた。
変わり果てた、2人の姿に愕然として、見るに忍びなかった。
徹子の部屋に呼ばれたら、どんな状態であっても出たいと二人は言った。
徹子さんは涙を必死に抑えていた。

カナダに、両親と息子の4人で旅行した時に、バンフの巨泉が経営する店を訪れた。
旅行で、案内人が全く酷くて、部屋決めにアミダを使って、夫婦が、別の人と部屋に入ることになって、怒っていた。

男に人は、70の前半では、元気で英気があるのに、80の前半では、すっかり様相が変わり、亡くなるが多いのではないかと思う。

母がいる、施設でも、男の人が入ってくると、いつの間にか居なくなる。今は
女性ばかり。

男の人が精力的に活動出来る時期は、女性よりも短い。
お酒やタバコが過ぎるのか、ストレスが多いのか。

永六輔も、巨泉も、明るくて、笑いを人生の真にして精力的に駆け抜けた人達。
粋で、真っ直ぐな、江戸っ子気質の人達が、いなくなるのが寂しい。


  

Posted by アッチャン at 09:48Comments(0)日々の事

2016年07月19日

都知事選




関西人には関係ないのだけど、都知事選、小池ゆりこさんが、初めての、女性都知事として、選挙で勝つような気がする。
東京のような大都市では、無党派層にかかっている。政党の支援をうけても、投票するとは限らない。
現に、自民支持者の3割が小池さんに投票するとのこと。固まって組織票をあてにできるのは公明党くらいなもの。
小池さんは、負ける戦はしない人。公認されなかった、被害者意識を 武器にして、自民党を敵にして戦う戦法は、小泉純一郎の劇場型戦法から拝借したもの。
都民を熱狂に巻き込むやり方だ。
象徴が必要なので、爽やかさをアピールした、緑のカラーイメージを導入。同じ色をつけるのは、連体感を植えつける効果がある。
赤い羽根や、平和のシンボルバッチ、ロシアやっ中国の赤旗などと同様に。

透明性をアピールするため、暴露という方法を使う。
欠席裁判は、女性の十八番。女は男よりも意地が悪い。ジェラシーを上手く利用している。

小池さんは、鳥越さんのように善良な人ではない。野心家で、有利な方に鞍替え出来る人。
政党の渡り鳥と言われている。
野田聖子さんのように、信念を曲げずに、一筋の道を歩む政治家とは対極にあると言っても良い。
コスプレが好きな、目立ちたがり屋の女性。
おそらく 都知事に任命されれば都議会と上手くやれると思う。対立することはないだろう。
夜の女性達が使う手を使って、男達をたぶらかすぐらいはお手の物だ。渡り鳥として政界を上手に泳いで来れたのも、そういう賢さと魅力。
そういう女性が、この世の中を動かしていると言っても過言ではない。
鉄の女と言われた、サッチャーを始め、ドイツのメルキエル、フランス、イタリア、そして、イギリスに、保守の首相は、女性が選ばれた。
日本も、そういう時代か来ている。
頼りない男達の衰退、頼もしい女達の台頭。
都知事選を勝ち抜くのは、小池百合子。
知名度で競り合っている鳥越さん。弱点は年齢だ。
精神年齢の若さ、体内年齢の自信、見た目年齢は冗談としても、そこがウイークポイントであることは、本人が気にしている証拠。
群衆は、鳥越さんに好感を持っているから集まっているが、投票となると違う。

私も鳥越さんが、以前から好きだけど、年齢の壁は厚い。
増田さんは、知名度で遅れている。
政治に関心のない有権者が多い東京の、膨大な無党派層。有利なのは、小池百合子だと思う。
クリーンで清廉潔白な人は政治家には向かない。大胆で悪い女、男達を手玉に取る女、男達に仕事をさせる女。
女は、潜在的に犯罪者なのだとマルグリットデュラスは言う。
最初の犯罪は、子供殺し。
出産という犯罪。
女は弱し、されど母は強し。
地に足をつけ、現実を把握し、大胆で、危険に際しても、ビクとも動かない強さ。男達にはない、犯罪者的強さを、女は備えている。

阿部首相の後に、女性首相というのも、そう遠くない。




  

Posted by アッチャン at 11:36Comments(0)日々の事

2016年07月16日




靴には苦労する。
いけると思って買ってくる。
しばらく歩くと、ダメだとわかる。
そうして、何足靴を買うだろう。
アメリカで履きたいと思って買ってきた靴など、とうていだめ。
コールハーン、なんとか履きたかったが、だめ。
息子とパートナーは、コールハーンの靴が良いと言う。アウトレットで安い。
昔、何足買って失敗した。
去年の暮れにも、アメリカで買ったブーツが痛くて履けない。ボアが入っているから、履けるようになるかと思って期待したけれど、車で歩かない場合しか使えない。
オースラリアのボアらの人気ブーツも荷物になるのに買って帰って、それは少し大きくて、履ける人にあげた。
捨てられなくて持っている靴もある。パリで買った、メフィストの靴。
でも長く履けない。

ここ二、三年、ミズノの革靴、4Eを履いている。靴底を変えるのに7000円くらいする。新しいのを履いた方が良い。
また、靴を買った。
アシックスは、私の足に合わないと思っていたのだけど、アシックス。
今度は履けないかなと期待している。今のところ履けそう。  

Posted by アッチャン at 17:09Comments(0)日々の事

2016年07月13日

都知事選




鳥越さんが、都知事選に出馬する。2時からの会見を聞いた。
参院選での結果に危機感を覚え、出馬した。鳥越さんは好きだけど、古賀さんも良いけど、準備も何も、これから。アウトサイダーとして、外から眺めて来た、ジャーナリストが、突然、東京都のトップとして、世界都市トーキョーを治める人として、リーダーシップを発揮できるかは、心配なところだ。
前回、小泉さんが細川さんを担ぎだした、都知事選、吹雪の中を熱い情熱が駆け抜けた冬の日を思い出す。
都知事選といえば、世界的な建築家、黒川紀章の、奇抜なパーフオーマンスも忘れられない。
皆、残り少ない人生に、最後の輝きを残そうと、命をかけた訴えだった。

今年は、小池さ百合子議員が自民党公認を受けられずに、出馬する声明を出している。明日が、リミット。

変わり身の早さと、合理性で、断トツの小池さん。
負ける戦いはしないだろう。
まさか、自分が名乗り出ているのに、増田さんを公認するとは考えていなかったのでは?
明日、やめるかもしれない。説得されら、次の内閣で、重要なポストを約束されたものとみなして良い。
市民等執行部は、最後で小池さんを下ろして、一本化するつもりだろう。
水面がで行われている駆け引き。
小池さんが、満身創痍で出馬するなら、初の都知事が誕生するかもしれない。

誰になるか、好奇心をそそる。東京都民ではないのだけど。


  

Posted by アッチャン at 07:11Comments(0)日々の事

2016年07月11日

アホコンピューター




日本に帰ってきて、コンセントの電源を入れてた、一緒につけてたコンピューター、壊れてたのが、動き出した。
使えるようになった。
富士通のコメントで、いつもウィンドーズ10にしないでとのコメントがあるのに、勝手に10になってたので、この際、元にも戻しておこうと思った。
復活というところで、案内通りやったら、まだ10のまま。
元の集荷当時のままに、というのに変えた。
ウィンドウ8に変わったが、何もかも失われて。
ワードは10になって、プロダクトキーを要求している。
どこにあるのかわからない。捨ててしまったかもしれない。
お気に入りも、ドキュメントも、皆消えてしまった。
最初からやり直し。
時間ばかりかかって、腰は痛むし、自信なくなっている。ワードは諦め。
選挙に行って、そのついでに、バスで駅まで。野菜がないので、買いに。
持てるだけにしたつもりなのに、重くて、腰に響く。
旅行するたびに、こんな風になるのかな。
海外はもう行かないという人は、きっと身体に堪えるからだ。

やる気が起こらなくて、すぐにソファで横になる。
従姉妹が同じこと言ってた。休まないと動けない。すぐに疲れるって。ソファで横になっている。
元気ね、とよく言われてた頃は実際元気だったことわかる。
座り込んでは、お茶と甘いもの食べてる。ええい、と気合いで動かないと、いつまでも寝転んでいる。
ああ、疲れた。時々声に出して出てくる。
腰がダメだと、全てがダメ 。アメリカでやっと 治ってた。帰りに、また腰がおかしくなった。
サプリあれだけ飲んでても、効かないのかも。
コンピューターがアホで行灯、使いても、アホ。
  

Posted by アッチャン at 07:48Comments(0)日々の事

2016年07月09日

帰って来ました。




昨夜、帰って、玄関を開けると、むっとした嫌な臭いが。
台所のステンレスが、錆びてるのか、色がついてる。
お腹空いてなくて、夜はいらないと思っ手たけど、家に着くと不思議なもので、急に食べたくなる。宝塚の阪急で買ってきた食材がややくだった。

ビデオに撮った、テレビドラマ、「ライスカレー」を観る。陣内が演ずる、アキラ は、病的に女漁り。ダメな男の役。見てると腹立たしくなるくらいダメ男だけど、どうしようもなくて、自虐になるのは理解できる。ライスカレーで、皆わかくて。

テレビの番組で、山田太一の「アメリカ物語」も楽しみ。日本映画チャンネルは、昔の名作が見られる。NHKの名作など。

日本に帰って、湿度が高い。ジメジメした感じ。
宝塚阪急で、野菜買おうとみたら、高い。いつも気にせずに買っているものが、アメリカから帰ると、数は僅かで、貴重な食べ物になっている。

外食に関しては、日本はものすごく安い。
食材が安くて豊富なアメリカなのに、外食は、ものすごく高い。
民放の名作の再放送も面白い。
  

Posted by アッチャン at 09:46Comments(0)日々の事

2016年06月29日

ラウンジの有り難さ




朝一の飛行機で、成田についた。シカゴ行きは、夕方の5時半。長い待ち時間をラウンジで過ごせるのはとてもありがたい。
昨日から、憩室から出血している。しくしく痛む。
水だけにしておきたい所なのに、サンドとヨーグルトを食べている。
他の人につられて、つい。
ワインも。
午後の便が、成田のつなぎに便利なのだけど、飛行機代が、2万円以上高くなるので、朝一の便にした。
夜中に起きて、洗濯。5時半に家を出た。
阪急で、そのまま、蛍池に行こうかと思ったけど、宝塚で降りる人につられて、バスに。バスのほうが、早く着くが、事故がなければの話なので、行きは電車を使うことが多い。
朝早く、たくさんの人がバスを待っていた。ご苦労様。
空港で働く人もいるだろう。
ニューヨークから、夜中のバスに乗って空港に行くと、真っ暗で、寒い冬でも、空港へのバスは満員になる。揺れもひどいガタガタ。
お金持ちは、市バスに乗らない。タクシーを使う。
黒人か、メキシコかな、浅黒くて、小さい人、太ってでかい黒人。
ラウンジは、特権階級のためでもない。誰でも使えるが、4000円くらい払わないといけない。
それほどの値打ちはないが、長時間待ちの時は、使っても良いと思う。2万円飛行機が高い場合とか。

仮眠する場所もあるし、シャワールームもあるので、ホテル代わりに使う人もいるかもしれない。
母の病院通いが今のところはないので、ちょこっと出かけることにした。
シカゴの乗り継ぎに時間がないので、荷物は、郵送で息子のところに送った。
アメリカは、二、三日で着く、EMSのほうが、航空便よりも安いのに驚いた。安いといっても、1万円。小型は、2キロまでで保証がない。2キロを越すと、航空便と同じでとても高くなる。
別便を小型で思ったら、3キロあって、6000円以上に。2キロまでなら、2700円くらいだから、その差は大きい。


ANA便だと、11時くらいの便があって、乗り継ぎも余裕て、オハイオに早く着けるのだけど、ユナイテッドは、夕方しかない。

ANAの、シカゴ行きの最終呼び出しをしている。私はまだまだ。あと、7時間。




ラウンジは、ほとんどの客がいなくなった。  

Posted by アッチャン at 10:40Comments(0)日々の事旅行

2016年06月26日

渋滞




まいった。渋滞に巻き込まれました。
時間が悪い。夕方です。
さとのチケットが少し残っているので、おぜんざいを買おうと思って出てきましたら、クルマが動きません。
さとまではとても無理なので、駅前で、買い物だけして引き返そうと思いますが、そこに見えている駅までがなかなか進まないのです。
途中に、曲がる道があれば、駅前の生協へは、渋滞を脱出できるのです。
さとのおぜんざいは、明日、コナミの帰りに行きます。
日曜日にランチする友人が、ヘルペスで、今日は、家でゆっくり、テレビを見ていました。
昨夜も寝不足。山田洋次脚本の、男達の旅路、という、土曜ドラマの再放送が、日本映画チャンネルで放送されてて、ビデオに撮っていたのを、遅くまで見ていたのです。今日は、二部、三部を見てないので、ユーチューブで誰か、流してくれていないかと探したら、幾つかあるので、べったり座って見てしまって、夕方、腰を上げて出てきたら、この渋滞。
このところ、ちょっと鬱。余計に気がめいります。  

Posted by アッチャン at 18:12Comments(0)日々の事

2016年06月24日

コンピューターが壊れた




ウィンドウ10にしてはいけないと思ってたのに、手が滑って、勝手にグレードアップしてしまって、しばらくは使っていた。
富士通のコンピューターは、10に変えるとトラブルが多いから、やめておいてくださいと通告していたので、元に戻したいと思いつつ。
壊れてしまった
電源を入れても、そこから反応なし。
修理は、高くつく。
コンピューターに、補償をつけていたのだが、それは、元の状態で使っている限りのものだと思う。
新しく買った、レッツノートにも、10にしたら、保証の限りではないと書いているので、おそらくそうだ。
どうしたら復活でいるのかわからない。富士通のアドバイスを受けるのにも、お金がかかる。
お手上げだ。コンピューターをお払い箱にするしかないと諦めていたが、おもいだした。

ケーブルの毎月500円で、アドバイスを受けられるシステがあることを。それに入ろうかと思う。
ケーブルでは、入ってなかったら、一回3000円。富士通はもっと。

せちがらい世の中。何かちょっとしたトラブルで、来てもらうと、出張費がかかる。
機械オンチなのだから、手取り足取り教えてもらえるようにしておかないと、何も出来ない。
昨日は、いつものように、母の所に行くと、車が停められなかった。向かいにある、タイムズも満杯。

一回りして、戻ったら、まだ満杯。しばらく待っていたが、一向に空く様子はない。
仕方ない。諦めて、西宮ガーデンズのジョウシン電機に、トイレの洗浄機便座を買いに行った。
タイガースが勝った日は、ポイントがたつくらしいが、昨日は負けたそう。
ウオシュレットの水がなかなか出てこないので、新しいのに変えることにした。
家はそろそろ、あちらこちらと修理がいる頃になって来た。
私も、修理が必要になる頃。
テレビで、藤山直美が言っていた。山登りの頂上に近くなると、荷物を降ろして軽くしないと登れない。芸の道も、人生も、山登りと同じ。険しくなっていくので、肩の荷を降ろして、身軽になって、呼吸も整えて、登っていきます、と。
忘れることも、ある意味で、身軽になることではないかしら。忘れえ、ちょうど良いのよ。
身体がだんだん、無理の効かないことになっていくので、私も、身軽に旅できればと思っている。
向こうに行けば何でも買えるから、最小限どのものに。

駅で、アンデスの演奏をしていた。誰もが通り過ぎて行き、私は立ち止まって聴いていた。近所の奥さんがやってきた。時々、そうお人たちの音楽を聴いているとい流のだけど、そっと聴いていたとか。
音楽が好きなのですねー。音楽がお好きな感じだと思ってました、と言われた。
2人で聴いて、小銭を入れた。上手な演奏だった。
旅行に出た気分がした。  

Posted by アッチャン at 02:02Comments(0)日々の事

2016年06月21日

さっぱりわからん




ワードプレスを使うのに、サーバーに申し込んだ。10日間のお試しが出来るという。もらった番号で、サーバーには入った。
さっぱりわからない
初心者向けというのだけど、ギブアップした方が賢明。昨夜は4時ま起きてて、寝られなくて、身体を壊すと諦めた。
何も出来ない。ネットで、一億白痴化、と予言した大屋さん。当たってる。
テレビの普及と、ネット社会で、イマジネーションが失われて行く。
何でもネットで調べたら、すぐにわかるけれど、押し付け。鵜吞みにさせられるだけ。
サーバーとドメインを独自で持たないと、いつ消えるかも知れないというので、ホームページを独自で作ろうと思ったけど、レンタルサーバーだって、なくならないとも限らない。
もういいわ。時間がもったいない。

昨日の夕食はいただいた、巻き寿司。さすがに多いと思ったが、美味しくて、全部食べた。それから、いつもの、納豆とオクラと山芋のネバネバ、それからプルーンを3つ。
口まで上がってきそうだった。
健康食に心がけていると自負している、川崎麻世が、血管年齢80歳と言われ、身体がボロボロと言われていた。
健康番組に、踊らされている、健康オタクの視聴者。
何でも、腹八分目にしておけば問題ない。
昔の人はメタボなんて言わなかった。おじいちゃんが、いつも言ってた。
食べたいけど、もうこれぐらいにしておきます。腹八分目に医者知らずです。
そういう食べ方を見習えばいいだけ。何食べても良いのよ。控えめに食べておけば。


  続きを読む

Posted by アッチャン at 11:21Comments(0)日々の事

2016年06月19日





雨。明日も雨。
出かけるのが億劫。
毎朝食べていふ菊菜がない。バナナも切れる。
買い物には行かなくちゃ。
日曜日は、昼間出かけて帰りにコナミによるのがルーテンになつているが、今日は、家にいる。
サーバーを借りて、独自のドメインでブログを立ち上げたいのだけど、難しくて。
無料のワードプレスに、幾つか投稿したら、誰も見てない。アクセスもない。
海外番に日本語で書いてるからかしら。サイト内の狭い空間だし。サーバーとドメインを用意しなくちゃダメみたい。そこまでして、よくわからないのに四苦八苦しなくちゃダメかな。
沖縄は梅雨明けだと昨日テレビで言ってたけど、九州は大雨。
雨が降らないと、水不足が心配になる。
大雨の被害も心配。
心配なことだらけ。
参議院選挙で、今朝は各党の討論がヒートアップ。
小沢さんが出てこない。論客で、しっかりしたこと言う人なのに。
共産党は偉い。民進党の岡田代表から、政権は組まないと断言されながらも、候補を下げて、選挙協力に参加している。
自民と公明で、三分の一を目指している与党を食い止めるために。
憲法改正を阻止するために。
金持ち優遇から、生活者を守るために。
野党の議席を確保するために。
バラバラだと、市民の思う壺にはまる。
だらしない公明党。権力を握った人間の弱さ。公明党の支持母体は、創価学会。
創価学会も、今や富裕層の集まりなのか?インテリと富裕層の。
貧しい人々、日の当たらないところで耐えている人達は、孤立している。
政治に絶望している。
討論会にでている議員達は、民衆からかけ離れている。
共産党だけがまともな気がする。
そう思う人達が増えている。
  

Posted by アッチャン at 15:28Comments(0)日々の事

2016年06月08日

久しぶりの三宮





三宮に夜来るのは、久しぶり。
一年振りに会う友達との、待ち合わせの場所の本屋は、閉店していた。早めの夕食を、中華レストランで。ビールと前菜を食べたら、お好み焼きに移動。
美作、というお好み焼き屋さん。スジネギと、ミックス、焼きそばも。
いつものコース。
それから、パブへ。
ビール好きの友人に付き合って、3軒で、生ビールを3杯飲んだ。
ビールは普段飲まないようにしているので、とても美味しい。
話は尽きなくて、昔は夜中まで三宮ないたが、最近は、10時には電車に乗っている。
それでも、めったにないこと。
夜が苦手になってきた。年だなあと思う。
電車の階段を上がったら、心臓がおかしい。
最後は、パブで、好きなベルギービールとローストビーフ。
久しぶりの、めったにないことだから、すこし羽目を外した。
楽しかった。
  

Posted by アッチャン at 22:27Comments(0)日々の事

2016年06月07日

歯医者




歯医者の帰りに寄るランチは、ゆかりの、お好み焼き。
お得ランチというのが800円で、サラダとソフトドリンクが付いている。
ご飯セットとサラダセットが選べる。
今日はあまりお腹は空いていなかったので、家に帰ろうかと思ったのだけど、なんとなく入ってしまった。
コナミに行くまでの時間潰し。
昨日は、久しぶりに銀行のファイナンシャルアドバイザーが、二人の女性を従えてやってきた。
母が悪いからとずっと断り続けて来たのだが、あまり、断り続けるのも気がひけるようになって、ついオーケーを出してしまった。
彼らは、投資信託を勧めて買ってもらうことが仕事。
お金がないからだめだと断ると、私の通帳にある残高を示して、ここからと勧める。
それは、生活に入必要なお金。
銀行は、預金してもらってもメリットがないので、投資信託の手数料で稼ぐしかない。
保証はないので、顧客の自己責任になる。誘惑に負けないで断り続けなければ。

以前に勧めて買わせたものは、損を出している。それを売って、こちらを買えとアドバイスする。
おかしいじゃない。
前はこれが良いと熱心に勧めて、手のひらを返したように、言うことが違う。
厚顔無恥もいいところ。
日本は、外資に吸い取られている。
その外資がやっていて、海外の資産家が任せている投資信託が日本で初めて扱うことができるようになつたそうで、リスクにも強い最強のファンドだとか。
魅力的だけど、お金ないから買えませんと言って断った。
断るのはとても難しい。彼らはプロ。
  

Posted by アッチャン at 15:41Comments(0)日々の事

2016年06月02日

百合が咲いた。




先日、梅田てもらった百合の花が咲いた。
白百合かと思っていたら、山吹色の大輪の百合。
蕾が付いているので、あと少し咲きそう。
百合園からもらったもので、珍しい品種のよう。
暫く咲き続けて欲しいと思う。今朝起きたら咲いていて、満開。
叔母の整理も、昨日で終わった。
私は欲しいものないけれど、実用品ばかりだけど、パリの従姉妹から頼まれたものをあれこれ。

気に入るかどうかわからないが、処分してしまうには、あまりにも勿体無い品々。
信じられないくらい私には多いと思える品々。バッグも、まだあった。押入れの奥から、またたくさん出てきた。
これが、普通の女性達の、普通の持ち物だとしたら、私はなんと少ないのだろうと思って気が楽になった。
一つ買ったら、一つ捨てるのという友人に、見習わないとと思ってたけど、持ってても邪魔になるほどのものはないということがわかった。
フランス人は、10着しか服を持たない、という本が話題になり、整理が美徳のようにテレビの話題になっているけれど、
風通しがあまり良いと、寒々すると思う。
残された人達に取っても、面白くない。
どんなものが出てくるのか、楽しみながら、叔母の片付けが出来たし、普段は会わな良い人達と、暫くの間親しい交流があったのも、叔母の残した遺産だと言える。
素敵なものを一杯残して、旅立った叔母は、見事な生き方をしたと思っている。
山吹色の百合は、叔母の化身のよう。
  

Posted by アッチャン at 09:49Comments(0)日々の事

2016年05月24日

会話




祖母が元気だった頃、生きているということは、会話が出来ること、と言った言葉が、いつも心の中に残っている。
祖母は、話をするのが好きだった。寂しく育った人なので、人懐っこくて、誰からも好かれた。
父が、仏さんのような人と形容したほど、いつも穏やかで、優しかった。
きらびやかなものは、何一つ付けず、清潔で、清楚という言葉がふさわしい。
祖父は、古武士のような人だと言われた。
貧しい暮らしの、長男として、尋常小学校を出ると、饅頭屋に奉公して、独立し、店を出していた頃、母は生まれた。
祖母の背中で、母がぐずると、祖母は練っているあんこを、母の口に入れて機嫌をなおしたと、母から聞いた。
戦争で、砂糖が手に入らなくなり、祖父は、店をやめて、保険の外交員になつた。
祖父がどうして、刀屋になったのかは聞いていないが、私が知っている祖父は、刀の鑑定や、刀の品評会に出かけて行き、家で、刀を研いでいた。
祖母は、刀の鍔入れを縫っていた。
祖父は無口な人だつたが、女性に好かれ、裕福な美人の後家さんから熱烈な手紙をもらつて、手紙のやり取りをしていたという話が出ると、バツの悪い様子もなく、笑っていた。
祖母が話す、夫の恋物語は、公然の秘め事だつた。
男の色気が漂う人だつた祖父の、そういう素質を母は受け継いだようだ。
言葉が思うように話せなくなった母が、昨日、私が行くと、来たの、と言ってくれた。嬉しかった。まともな会話が出来た喜びに感動した。
ほとんどの場合、意味がわからない言葉に、私は頷くばかりだつた。
来たのね、と言った母に、そう、来たのよ、と。簡単な会話だけど、心が通じ合う喜び。
頭の手術をしてから。少しづつ言葉が出てきて、新しい驚きと感動がある。
生きているということは、会話をすること。祖母の声が聞こえるよう。

  

Posted by アッチャン at 21:06Comments(0)日々の事

2016年05月19日

試食を頼まれて




新しく発売する麺の試食を頼まれて、今朝は、うどんを湯がいた。
報告は早いほうが良いだろうと思ったから。様々な野菜をピューレにしたものを、30パーセント麺に練りこんで作った、ヘルシー麺と、こだわり抜いて作ったつけ麺の試食。
試食なので、ざるにして、何もつけずに食べたり、そこに薬味を入れたり、半分は、つゆをレシピ通りに二倍に薄めて、温麺にして食べてみた。
一人前にしたら多いかなと思われた麺には、食べてみるとちょうど良い量。
細くて、お素麺くらいなので、湯がくのは1分。
生姜の薬味が付いていて、それだけで食べると一番美味しく感じられた。
野菜の麺に、薄めの椎茸が効いた付け出しだけで、とても美味しい。
余分なものいらないと思ったけど、温麺に、梅干しをいれてら、出汁がまた違った美味しさになる。
大根おろしを入れて、おろし蕎麦にもしてみたが、薄めの出しなので、これ以上薄くならないほうが良かった。
つるっとしていて、腰があり、細麺で、湯がくのに手間がかからないので、食べた人は、リピーターになるだろう。


麺類は食べないようにしているのだけど、これなら買いたくなる。
野菜というのに弱いから。
これ食べたら、野菜もとれるので、簡単。

美味しくて、健康に良いものを提供したいという願いから、野菜を練りこんだうどんが出来た。
食欲のない病人にも、きっとツルツルした食感と、薄味の美味しい出し、しようががさっぱりして、食がすすむと思う。
手にとって、実際に作って食べてみないとわからない味。
試食して、この良さがわかる。
あとは、値段。
野菜だらけのスープ、という、わずかに130カロリーに抑えたスープが売られている。
私はそこに即席のカレーを入れて、カレーにして食べると、カロリーがぐっと抑えられてるので、時々そうして使っている。カレーライスは、誰でも好きな食べ物だけど、カロリーの高さで敬遠したくなる。
タニタの、一食500カロリーの本がbest-sellerになっているという。
500カロリーは理想的。野菜だらけのスープにご飯で、だいたい500カロリーになる。野菜不足にならないのも良いと思う。  

Posted by アッチャン at 12:42Comments(0)日々の事

2016年05月17日

ゆかりのお好み焼き




歯医者の予約日、治療が終わって昼時なのに、朝たくさん食べたので、お腹がすかない。
アッシュアンドエムで、値下げされた服をあれこれ、試着して、何枚か買った。
お腹が少し空いたような、そうでないような感じ。時計を見ると3時を回っていた。
お好み焼きか、お蕎麦くらい、と思って、地下街に。
よく通る場所に、ゆかり、がある。
人気の店で、土日はいつも満席だけど、平日の、午後も3時だからか、空いている。
特別お得なランチ、というプレートが貼っている。
ミックスお好み焼きと、サラダにとソフトドリンクまでついて、800円。
友人とランチするときは、ゆっくりできないから、お好み焼きは行かない。
単一になるので、味気ないということもあるし、食べたらすぐに出ないと、後が待っている。
一人で、中途半端な時間に、食べるには、好きなお好み焼きを選ぶか、大抵はお蕎麦になる。
地下のカウンターで、よく食べた、寿司は生魚をやめてから行かない。
お好み焼きは久しぶり。
広島で食べた、広島焼依頼。
ゆかりのお好み焼きは、美味しいと評判なのだけど、前より美味しいと思わなかった。
広島焼にはまってしまったからだろうか。
  

Posted by アッチャン at 16:02Comments(0)日々の事

2016年05月17日

草抜き




年に二回の、町内草抜きの日。
雨の予報だったのに、快晴。日延べされるよりいい。
いつもは、9時半くらいになると、そろそろと言ってもらえるのに、たっぷり10時半まで。

近所の人と話をする唯一の機会でもあるような。
裏の家から、我が家の庭が見えるようで、お花が一杯で綺麗ですね、と言われた。
大抵は、草だらけの味気のない庭なんだけど、今年は、30株ほど植えた花で、様になっている。
マーガレットも満開なので、今が一番綺麗。
梅田でイベントしてて、無料のくじ引いたら、私は、ユリ園の無料券、友人は百合の苗が当たった。


イタリア料理の店で、ランチをしてワインを飲んで酔ってた。
三日間、休肝日にしていたので、気が緩んで飲んだから。
西村屋でいつものようにコーヒーとケーキも。



お酒が入ると、甘いものが欲しくなる。
友人と別れて、格安チケットを買いに、第四ビルのあたりに行く。格安チケット販売の激戦区なのだ。
京都に行くのに、株主チケットを買いにいつた。
ここ何回か京都に行く予定があるから。
財布の中に現金が少なくなっていた。西村屋で5000円払ったから。カードにチャージしておいてそこから払うと、少し割安になる。
近所にお金を出すところはないかと聞いたら、郵便局があるというので、そこで出して、チケットを買った。
手数料はかからないと思っていたら、215円くらい引かれていた。
優遇は、昨年の12月からなくなっていた。
こんなことなら、近くで買えばよかった。その方が安かった。わざわざ、チケット屋の競合地域までいかなくてもよかった。わずかに8枚電車のチケットを買うために。
イタリアンの好きな友人につきあって、飲み食いしたら、カロリーオーバーになるので、歩きたかったこともあり、まあ、良いか。
コナミで、歩いたけど全然お腹空かなくて、その夜は食事を抜いた。



翌朝、反動で、クロワッサンのサンドを食べてから、クッキーやおかきをボリボリ。
夜は、肉を焼いて、魚も食べて、赤ワインを飲んだ後、焼酎のオンザロツクを二杯。
友人に貰った、ピーナッツを包んだおかきも口開いて、またボリボリ。
お腹が膨れ上がって、苦しくて寝られないから、夜中の3時まで起きていた。
ついこの前に、禅の教えで反省してたのに。
自身への嫌悪感を通り越して、やり切れなさと不可思議さを思う。
お酒のせいなんだ。
お酒だとこのくらいのもんだけど、薬物中毒になると、完全にマインドコントロールされるだろう。なんだってやりかねないのだ。
清原の公判が、今日開かれる。
人生でこれほどの恥ずかしい思いをしたことがないと、反省し、絶対に立ち直ると決心しているたいうけど、薬物が入ればたちまち、元の黙阿弥になってしまう。お酒も、合法的だけど、頭をおかしくさせる。
一杯に決めたらそれ以上は飲まないこと。  

Posted by アッチャン at 11:23Comments(0)日々の事