2007年06月29日

五木寛之

 
 夜更かしの私が、目覚めてテレビをつけると、五木寛之が出ていた。収録番組は終わりかけだった。、五木が、「何年後に、こう出来たら、と思っていますが、出来なくても、少しもかまわないんです。どこで倒れるか、それは宿命ですから。」という所で対談は終わり、司会者が五木に書いてもらった色紙を見せている。風にふかれて、と書いている。
「五木さんは自分から、どうしようと思った事はない。向日からくるのを受けるだけだとおっしゃるけど、青春の門を完結したい、という意欲に燃えておられる。」と司会者が言った。



 五木寛之は、「それも自分がこうしようと思ったからではない、そういう風に
自分にやってきたことだ。」と聞かれたら、答えたことだろう。それが五木の言う「他力」
で、彼はいつも「風にふかれて」生きている。
 私は五木寛之が好きだ。本屋に彼と同行して、彼を撮り続けた写真家の写真集があった。買おうか、と思ったがやめた。本を手元に置かなくても、五木のスタイル、五木の表情、声も、語り口も、服装も、姿も、眼に焼き付いている。年を感じさせない、かっこいい人。自然体の人。週の内、4日は旅に出て、3日間はホテル暮らし。持ち歩く手提げ鞄に中に、わずかな着替えと、原稿用紙が入っている。汽車の中で、喫茶店で、彼は原稿用紙に書き込んで行く。医者にかかったことがない。自然のまま、自然に治癒している。どこで息絶えるか、それは宿命だから。道半ばにしても、未来に残していても、執着するようなことは何もない。突き動かされて、自分は生きている。風に吹かれるままに、どこにでも行く。美味しいものを食べ、素敵な人達と語り、待っていてくれる人を思い、その全ては、
「他力」によって引き寄せられているもの。
 
 私が五木寛之に惹かれるのも、他力によるもの?  

Posted by アッチャン at 01:59Comments(0)

2007年06月24日

監督万歳と[キッズ、リターン」



http://www.office-kitano.co.jp/banzai/cover.html

 いうまでもなく、北野武の作品で、今年のカンヌ映画祭出品作品。私の興味は、3分間のプレゼンテーション作品にあった。他の監督達と肩を並べて放映される、たった3分間の映画、どんな風に出来ているのだろうか。
 それは地方の映画館、ジュゼッペ、トルナトーレ監督の映画「ニューシネマ、パラダイス」のシシリアにあるシネマパラディソのようでもあり、山田洋次監督に「虹をつかむ男」で使われた,徳島県のオデオン座のようでもある。
 上映中の映画は、北野武が初めて手がけた映画「キッズ、リターン」、映画館の中には、労働者風の男の客が一人座っている。フィルムはすぐに切れ、いらつく男の表情、修復するまで長い間、待たされた様子が、何本ものタバコの吸い殻が床に落ちているのを映すことで表現している。
映写技師は北野武、お客に謝って、再び映像が映しだされる。拳闘のシーンばかり、映画の最後のシーンが出る。
 高校の校庭で自転車に乗った青年二人。人生に挫折した二人、取り返しのつかないような、、、終わってしまった、とつぶやく一人に、もう一人の青年が言う。
「まだ、始まってもいないじゃないか。」 
 スクリーンに煙が、映写室でフィルムが燃えだしている。
映像は映画館の外、 炎天下の焼け付く太陽に中を、作業着の客は、荒涼とした大地に歩いて行く。




北野武が選んだ「キッズ、リターン」、この映画は、私の大好きな作品で、すでに北野武が「花火」で話題になっていても、それほど興味が沸かなかったのに、テレビで、以前に作られた北野作品を上映していた時に、たまたま見たのだが、ものすごい衝撃を受けた。暴力的なシーンは、眼を覆いたくなるような場面もあるが、その暴力を表現することで、逆に、人間の優しさ、弱さを見事に表現している。
 学校の教室に入らないで、校庭の中を自転車に乗ってぐるぐる回っていた、落ちこぼれ高校生の二人が、その後の生活の中で、汚さ、狡さの大人の世界に翻弄され、挫折して、再び、校庭の中を自転車で廻りながら、ボクシングの世界でぼろぼろになって使い物にならなくなった青年に、ヤクザの世界に入って、半殺しの眼にあい、刀で腕を切リ落とされた青年が「まだ、始まってもいないよ。」と明るく、陽気に言う。馬鹿だけれど純粋な行き方をしてきた馬鹿な二人に、湧き出てくる人間の可能性と、いつだって、始まりなのだ、まだ始まってもいないのだ、という未来への希望の予感を感じさせる。北野武は、いつも「この馬鹿野郎、死ね、この野郎」と汚いせりふに、「人間万歳、好きだよ、この野郎、大切にしろよ命を、この野郎」と心をこめて愛情溢れるエールを送っている。北野武作品の中核をなすのは、「笑い」笑っている時には、我を忘れて、人は、おしなべてハッピーだから。この3分間にも、笑いを逃がさない。
 そういうメッセージを、3分間に表現出来たことで、北野武は「良くできたと思う」と自負しているのだろう。


   

Posted by アッチャン at 03:02Comments(0)映画

2007年06月18日

 「サイダー、ルール、ハウス」 

 

ケーブルの映画40チャンネルで1999年放映の「サイダー、ルール、ハウス」という映画を見た。、「ギルバート、グレイグ」「ショコラ」を撮った監督の作品で、どの映画も、私の好きな作品です。

 サイダーとは、アップルサイダー「林檎ジュース」のこと。りんご積みに雇われる人達が、寝泊まりする小屋に規則の紙が貼ってあるが、彼らは字が読めないので、何が書かれているかわからない。規則は、そこに住む人達で決めるもので、その中で、ルールというものが出来ていくもの。このルールとは何なのか、それがこの映画のテーマになっていて、二つの複線になっている。
 
 二つの複線を作る、主としてのルールがある。里親に引き取りてのない子供達を育てている、院長は、違法である堕胎主術を引き受けている。その費用で、子供達を養っている。人が生きていく為に、出来ることをやっていく、助けを求めている人に出来るだけの手を差し伸べることでルールが作られていく。
 


 
 メイン州、ニューオングランドで孤児達の世話をしているドクターは、毎晩、子供達に本を読んで聞かせる。話が終わると、子供達に必ずこういって休ませる。
「お休み、メインの王子様、ニューイングランドの王様」
 院長が亡くなり、院長から愛され、医者としての知識を教えられた青年が、外の世界から戻ってきて、院長の仕事を継ぐ。映画の最後のシーンで、彼は子供達のベッドの側で、本を読んで聞かせる。そして同じ言葉を子供達に言う。
「お休み、メインの王子、ニューイングランドの王様 」



 私はこの言葉を聞くと、熱いものがこみ上げてくる。私に取って、メインと聞くだけで、
ニューイングランドと聞くだけで、こみ上げてくるものがある。
 息子は、メイン州の小さな田舎町の高校の学生寮に入っていた。フライバーグという小さな町にある、煉瓦作りの学校は、緑に囲まれて、空気が澄み渡り、人々はりんごの頬をした、暖かい善良な人達ばかり。そこで出会い、交流のあった人々。卒業後も、メインの大学に入ったので、息子に取っては、メイン州、ニューイングランドは第二の故郷のような存在になっている。秋には農園で絞ったアップルサイダーがリットル瓶に詰めて売られる。手に着くとねばねばする濃厚な薄赤い色の林檎ジュースは、格別の美味しさ。ハローインが近づくと、黄色いおばけのようなカボチャが家々の玄関口や庭先に置かれる。冬のクリスマスの季節には、家々の前に趣向をこらしたクリスマスデコレーションのイルミネーションが美しい。
秋は一面燃え上がる黄色の世界。冬は雪で覆い尽くされる。湖が点在し、スプリングウオーターや、山の水でミネラルウオーターにはことかかない。牡蠣やロブスター、ウニなど新鮮な魚介類の天国だ。芸術的な手工芸品の店を見て歩くのも楽しい。

 メイン、ニューイングランド、この言葉の響きは、こよなく素晴らしい。  

Posted by アッチャン at 03:36Comments(0)映画

2007年06月14日

川端康成「日も月も」

  オーランジュ美術館からルノアール

 実家の本箱にあった、川端康成の「日も月も」という題の古い文庫を読んだことを思い出した。川端康成の小説は好きなので、ふと見つけた文庫を手に取ると、仮名遣いが古く、時代を感じさせた。
 その中で、特に興味を惹いたのはブリジストン美術館についての描写だった。日本橋の雑多な中にあって、そこは別世界。疲れを休めに立ち寄る場所として描かれている。好きな一点の絵画を見ながらしばし時間を過ごす。なんて優雅で贅沢な時間だろうと思われた。


 
私はそれまでブリジストン美術館を訪れたことはなかった。東京に行く機会もほとんどなかったし、東京に行きたいという気持ちも抱いたこともなかったのに、「日も月も」を読んで以来、東京に是非行ってみたい、行けば、ブリジストン美術館に、と思うようになった。以来、何度か東京に行く機会がある度に、必ずブリジストン美術館に立ち寄ることにしている。ゆったりとした皮のソファーが置いてあり、そこに身を沈めて絵画を見る。まるでリビングに名画を飾っているように。

今はないが、半蔵門にあったダイヤモンドホテルに、名バーテンダーがいた。マンダリン系のホテルだった。夕方のハッピーアワーの時間にそこで少し飲んでから夕食に出かけるのが常だった。カクテルも、作る人で随分違う。そのバーテンダーのお弟子さんだったという女性はコンクールで優勝したとか言っていたが、その後、新しく出来た、ストリングホテルで活躍しているとか。半蔵門の近くにイギリス大使館があり、歩いて歌舞伎の国立劇場にも行ける。皇居の周りを散策しながら銀座まで歩いて出かけた。足が疲れて、ブリジストン美術館に。
山種美術館にも歩いて行ける距離にある。春は桜が満開になる。ダイヤモンドホテルは、今は建て替えられて、別の名前になったが、まだそこには行ったことがない。  

Posted by アッチャン at 16:32Comments(0)art

2007年06月09日

桂春団治

 
道頓堀の松竹座で「桂春団治」の公演が、沢田研二と藤山直美の共演で6月の25日まで行われている。
 松竹座の新築10周年記念公演にふさわしく、松竹新喜劇の舞台だ。会場は、満席だった。バスでやってきた団体が連日入っているようだ。藤山直美の舞台はいつも人気が高いが、それに、沢田研二が加わって、桂春団治を演ずるのだから、見てみたいと思うのは当然だろう。
 期待に答えて舞台は、観客の笑いが絶えず、沢田研ニと藤山直美のコンビが息のあった
演技を披露した。
 春団治さんと言えば、関西の人なら誰でも知っている落語家の名人と歌われた人だけど、奥さんが3人も変わったとは知らなかった。藤山直美が演じる、おときという人は、春団治を名人と歌われるまでなるのに、力になった女性で2番目の奥さんを演じている。おときは京都の旅館の跡取り娘だったが、春団治の子供を宿し、大阪の春団治の家にやってくる。そこにはすでに奥さんがいるが、おときは知らなかった。勘当されて出てきた身、死ぬしかないという。お腹に子供がいることを知った妻は、その場で、家を出る決心をする。芸人のこやしだと女遊びを赦してきたのが悪かった、と言って出て行く。子供が出来ても、春団治の女遊びは一向に治らない。後家殺しという別名をもらっているくらいで、あるお金持ちの後家さんに家にいりびたりで家に帰らない。おときは家を出る決心をする。
「私が奥さんを追い出したので、私がまた、同じ思いをするのは当然のことだけれど、次の奥さんには、二度と同じ過ちは繰り返さないように。」と言い残して出て行く。京都の実家には帰らず、仕立物をしながら、娘を育てていく。春団治のレコードを聴かせて、これがお父ちゃんや、と。
 春団治は、酒と女を芸のこやしにして、50代という若さで、胃ガンでこの世を去った。
 春団治は、古典落語を徹底的に勉強しつくした上で、新しい創作落語を生み出した人。
「お客さんは、新しいねたを聴きにやってくる、昨日とは違う話を聴きたいんや。おもしろい話を聞きにくるんや。女遊びも、お酒も、すべては芸の為。それだけや。」
 

 
   

Posted by アッチャン at 10:55Comments(0)演劇

2007年06月05日

映画「ボンボン」



http://www.bombon-movie.com/

 工事現場に、手作りのナイフを売りに来たおじさんは失業中、娘の家に居候をして形見の狭い思いをしている。車で走っている時に、故障車に出会って、車の修理をしてあげた。その家で、ボンボンという血統書付きの犬をもらったことで、ついていなかったおじさんに幸運がやってきた。

この映画の中に、誰一人として悪者は出てこない。アルゼンチンという南米の大らかさなのか、のんびりしていて、善良なお人好しの人達のお話。じわっと、嬉しいものが伝わってきて、ハッピーな気分を運んでくる。
 南国の陽気さは、沖縄の作品にも共通するものがある。皆、善良で、悪い人はいないよ、という世界。沖縄の人達は、皆、自分のことが大好き、踊るのが大好き。アルゼンチンは、情熱的なタンゴがある。 
 「ぼんぼん」には、沖縄の映画のように、色鮮やかな花が出てこない。トラックを走らせる、砂ぼこりの道ばかり。ガソリンスタンドと、煉瓦の置き場、照りつける太陽に白い砂埃が風に舞い上がる。

 誰も急いでいない。時間を計算する人はいない。誰もがおせっかいなほど親切で、開けっぴろげで、ユーモラス。

    

Posted by アッチャン at 02:29Comments(0)映画

2007年06月03日

聖地巡礼 国立民族博物館

 


万博公園にある国立民族博物館で「聖地巡礼」の特別展が開催されている。友人が見てきて、良かったというのを聞いて、行く気になった。6月の5日くらいまでだから、混んでいるかなと懸念していたが、さにあらず、空いていた。



 同行した友人は、万博公園に今は亡きお母さんを伴ってコスモスを見に来た時のことを思い出す、としばし感慨ぶかげだった。



 今は薔薇の季節で、民族博物館の前にあるローズガーデンでは、大小取り混ぜて、いろんな種類の薔薇が咲き誇っている。薔薇を毎週見に来ているという人の声が聞こえた。
三脚に固定したカメラで、光を取り込む瞬間を待っている人が、「ちょっとのぞいてごらん」と言って私にカメラを覗かせる。望遠で大写しになった薔薇一輪、花びらの柔らかさまで
微妙に写しだされていた。おじいさんは、自分で満足するだけでは収まらなかったのだろうね。


 

サンチャゴへの聖地巡礼と言えば、サンチャゴ・デ・コンポステラへ巡礼体験記「銀河を辿る」という御本を、作者である美学教授の方からいただき、読ませて頂いていたので、親しみ深かった。最近では、テレビなどでも、この巡礼についてよく取り上げられるようになったけれど、その方は、1987年から、10年の歳月をかけて、毎年夏休みを利用して、延べ1600キロの道を歩かれた。若い女性の同行者がいたとはいえ、当時も若いわけではなかった方が、驚異的な体験をされたと、感心するばかりだった。この本は、体験記としても、ロマネスク美術に関しての美学書としても貴重な本だと思う。

 
 
特別展で、「ルルドへの道」というビデオも見た。ルルドに毎年集まってくる、病に病んでいる人達の中で、奇跡的に治った人達が67人程になる、という。
 車椅子で、毎年沢山の人々が訪れるのに、たった67人とは?あまりに不公平ではないか。こういう選ばれた人達は、どういう理由で選ばれるのだろうか。
 同行した友人は、カソリックが嫌いなので、興味がわかないらしく、常設展を見に行った。
 常設展は、子供達が見ても楽しめる。アジア、アメリカ、オセアニア、ヨーロッパの民族の生活道具や、手工芸品などが展示してある。セネガルのカラフルな絵や、ガラス絵を見て、友人が描いたセネガルの絵画を思い出した。

 
イスラム、インド、韓国、日本の、それぞれの楽器を使った演奏を聴けるのも楽しい。
 それにしても、よくまあ、これだけお金をかけたものだなあ。入れ物がカラフルなのだから、建物はシンプルでいいのに。これだけの大きくて広い施設で、働く人々の人件費も馬鹿にならない。このアクセス不便な場所に建てられた建造物が一つでは、足を運ぶ人々もしれている。美術館、音楽ホールや、演劇ホールなど、お金をかけないで、多目的なホールを幾つか作れば、市民空間として利用度も高まるのではないか、そんな事を実感した。



 この博物館の中にある「みんぱく」というレストランで昼食を食べた。友人お勧めの特別スペインランチ、1500円。味はまあ、良かったけれど、1500円という値段は、ランチとして気軽に使える値段ではない。家族連れともなればなおのこと。
入っている客も土曜日のランチ時なのに少なかった。
 ちなみに、土曜日は、少、中、高校生は、無料の日でした。  

Posted by アッチャン at 12:12Comments(0)art

2007年06月01日

「ゲゲゲの鬼太郎」から「パイレーツ、オブ、カリビアン」まで

 映画館の前の屋上庭園


http://www.disney.co.jp/pirates/
 神戸国際松竹で、映画を3本立て続けに見た。上映時間の関係で、3本になった。「ゲゲゲの鬼太郎」その次に、「リービング」最後に「パイレーツ、オブ、カリビアン」どれも、あまり興味はなかったけれど、チケットが余っていたので、、、、。 飛行機の中に座っているとしたら、ハワイまで行ける時間座っていたことになる。

 


 「ゲゲゲの鬼太郎」と「リービング」は、場内ガラガラに空いていたが、「パイレーツ、オブ、カリビアン」は、夜の7時に始まる時間帯もあるが、満席だった。他の2作に比べれば、おもしろくて充分楽しめた。こういうシリーズは、同じパターンで、ストーリーが展開していくのだけれど、それが日本人には受けるらしい。シリーズのロングランはなんと言っても寅さんシリーズだけれど、「釣り馬鹿日誌」があとに続く。海外からのものでは、「OO7」「スーパーマン」をかわきりにして、「スターウオーズ」
「ロッキー」「ターミネーター^」最近では「ハリーポッター」など、毎回動員人数を集めてきた。
 見ている間は、確かにおもしろい。あとに残らないのも、重くなくて、ストレス解消にもなるのかな。

 

 国際松竹の地下から、そごうへの新館への入り口がある。新鮮な食料品の売り場があって、豊富で安価なのには驚いた。お味噌の種類でも30種類以上並んでいる。お魚もお肉も、私が利用している近くのスーパーに比べてずっと安い。映画が一つ終わるたびに、そごうに入ってぶらぶら時間を潰す。
 コーヒーを量り売りで買うつもりで行くと、京都の小川コーヒーも種類が揃っていた。パリで飲んでいたコーヒーの種類もいくつかあった。迷った末に、量り売り専門の所で、ブルーマウンテンとジャーマンブレンドを買った。一番細かいエスプレッソに挽いてもらった。
 7時前に、おにぎりでも買うつもりで、再びデパ地下に行くと、生鮮食品の値段が半額になっている。
仕事帰りに買う客も多い。さわらや、さばの切り身は大胆に大きく切ってある。お肉もお魚も、お野菜にしても、買って帰りたい誘惑にかられるものばかりだけれど、これからまだ、もう一本映画を見るので、諦めた。  

Posted by アッチャン at 01:19Comments(0)映画