2007年07月12日

バルセロナ

  フィゲレスのダリ美術館前の広場

 バルセロナを訪れたのは、20年近く前の事で、当時の手帳を探したが見つからない。泊まったアパートの電話番号もわからないし、最寄りの地下鉄の名前も忘れてしまっている。

 パリから、列車でモンペリエを経て、バルセロナに着いたのは、夜の8時を過ぎていた。駅の観光案内所では、ホテルを探しに来た人が、バルセロナでは無理だから、郊外に行きなさいと言われていた。
 ガイドブックに載っている、カソリック系の女性専用の宿泊施設に電話すると、一人なら空いていると言われた。教えてもらった地下鉄を乗り継いでたどり着いた。日本語で書いた規則書を読まされ、一日1500ペソの宿泊料、門限は11時半だと言われた。お腹が空いていたので、駅の近くのバルに行き、お腹も満腹、空きっ腹に飲んだビールとワインが身体に廻ってふらふらと帰る。通りを行き過ぎてしまったらしく、帰り道がわからなくなった。門限までに帰らないと。ぐるぐる、行き当たりばったりに、廻っていると、ガウディーの建築らしき建物がいくつかあった。
 通りにいる人達に「カソリックの女子宿泊施設」と言って訪ねて歩いた。本を宿に置いて飛び出したので、レジデンスの名前を忘れ、住所も分からず、誰もそれらしいレジデンスなど知るよしもない。
 夏なので、汗で、衣服はびっしょり濡れ、歩き疲れて路頭に迷っていた頃、白髪のおじいさんが現れた。
 通の名前も覚えていない私に、そのおじいさんは、一つずつ、通の名前を言ってくれた。
「バレンシア」と言われた時に、思い出した。そう、バレンシアという通だった。
おじいさんは、バレンシア通りはすぐそこだよ、3本目だと、指を折って、通りを教えてくれた。
 バレンシア通を注意深く歩いて、やっと私は、見覚えのある建物にたどり着けた。門限はとっくに過ぎていたが、外に出てタバコをすっている女性がいて、一緒に中に入ることが出来た。
 おじいさんが、あそこで現れたのは、本当に不思議なことだった。誰もいない通に、暗闇からすっと現れ、消えていった。


 カダケス
 
そのドミトリーには、何ヶ月も、何年も住んでいる人達がいた。地方から勉強に来ている人、身よりのないおばあさん、看護婦として働いているという人。キッチンがあり自炊をしている。
 カソリックの、女性の為の施設なので、清潔で快適だった。月決めで払うと値段も安いというので、いつか来ることがあればここに一月くらいいたいな、と思った。
 近々、バルセロナに行くので、バレンシア通りだけを頼りにホテルを検索したが、見つけることが出来なかった。レジデンスの名前も思い出せない。新しくなったガイドブックには、それらしい案内も載っていない。サグラダファミリアまで、歩いて行けたので、光に浮かびだされるドームを見に行った事、レジデンスに住んでいた女性達の事などは、鮮明に記憶の中にあるのだけれど、バレンシア、記憶にはそう残っているが、通りの名前も違っているかも知れない。
  
  

Posted by アッチャン at 15:10Comments(0)

2007年07月11日

海辺の家

  


 海辺の家 
原名は、life as a house。2001年制作のアメリカ映画
何度見ても、泣けてくる映画があるが、この「海辺の家」もその一つだ。ある日、医者から癌で余命がないことを宣告された父親が、母親の再婚相手の所で生活している息子と、一夏を共に暮らして、家を立て直す。親の手には負えなかった息子と父の間に心が通い合い、愛を互いに取り戻す。
 家を壊しで、新しく立て直すことと、一度は壊してしまった親子の人生を、再び構築する事が同様の過程として表現されている。
 父は、息子に愛されて死んでいきたいと望み、息子は父の愛情によって、愛を知り、生きるべき道を見いだすようになる。
 父と息子の深い愛の交流に、私はいつも画面に釘付けになり、泣きながら見る。「海辺の家」はどこを舞台にしているのかわからないが、映画の中で、「ニューイングランド中をドライブする?」というせりふがあるので、ニューイングランドではないかと思っている。
 父親役のケビンクラインの見事な演技で病んで行く姿と対照的に、息子役のヘイデン、クリステンセンが、クリスタルな美しさと新鮮な生命力を見せている。

 余談になるが、「海辺の家」への憧れは、映画「いそしぎ」以来、ずっと私の心を占めている。サンライズを眺めて生活するのもいいけれど、夕陽が落ちていくのを眺めるのも素敵。スコットランドの、マレッグという海辺の町で、午後から夕方まで、何時間もボーっと海を眺めていた。その夜、泊めてもらうB&Bの主人が仕事を終えるのを待って、夕陽が落ちるまで。
  
  

Posted by アッチャン at 12:19Comments(0)

2007年07月10日

ボルベール(帰郷)




http://volver.gyao.jp/
ボルベール(帰郷)
 主演のペネロペ、クルスが演じる、ライムンダが、映画の中で歌う「ボンベール」という歌は、哀愁を秘めながらも、女の激しい情念がこめられていて、素晴らしかった。
 ラ、マンチャの男と言えば、ドンキ、ホーテがすぐに思い浮かぶ。見果てぬ夢を追って、
想像力の世界を彷徨する騎士。この映画の故郷ラ、マンチャの人々は、お葬式には村中の人々が参加して、死んだはずの人間が、現実の世界に舞い戻るという架空の話を、いとも簡単に信じてしまう信心深い人びとで、自分の入る棺を選んで、お墓を磨き、入るのを楽しみにしている。
 義理の父親が娘を犯すというのは、スペインに限らないが、この映画では、隠されて、陰鬱なイメージはなく、むしろ、屈せず、逞しく生きる女性賛歌の映画になっている。
 闘牛のお国柄か、血を流すのは好きなようで、刃物で突かれて殺された夫の始末をする場面は、これほどの血が流れるものだろうかと思うくらい、多量の血をライムンダが、真っ白なタオルやシーツを使って引き取り、血の床をふくモップもバケツも血に染めている。
 殺人に関しても、復讐、報復の正当性を主張していて、法に縛られない自由がある。
 ジプシーの血が流れていて、カルメンやアルルの女、エスメラルダにも、共通する、女達に通ずるものがあるように思われる。
 内容は、映画をどうぞ。

 
   

Posted by アッチャン at 14:59Comments(0)

2007年07月07日

画家の絶筆



 


兵庫県美術館で開催されている、「見果てぬ夢、日本近代画家の絶筆」と題した展覧会を見に行った。
 同行してもらった、友人は自身も画家なので、見方が現実的で、なるほどと思わされた。
彼女曰く、病気で家の中に籠もっているから、絵をかき始めるので、健康なら、外に出ているという。若くして亡くなった画家は、殆どが結核を患っている。心臓が弱いとか、病弱で、いつも家の中に閉じこめられていた、あるいは病院の中で生活していた、そういう
子供達、成人も含めて、絵に専念することになったのだろう。
 画家の見果てぬ夢として、鳥を画いているのは、自由に羽ばたく鳥になりたい、という願いなのか。故郷の、明るい穏やかな風景。山懐に抱かれて、太陽を受けて広がる村や田んぼの風景。
 画家の絶筆の中には、死を予期せずに、最後の作品になったものもあるが、未完のまま、あえぐように画かれた筆の動きが見られるものも。パリで亡くなった画家も何人かいた。



 最後に、3号ばかりの、小作品が、キャンバスに乗せられた状態で展示されていた。
 斉藤真一の「街角」という作品だった。ベージュ色の街角の、スチールの椅子が二つ、
道ばたに、小さな黒い猫が描かれている。斉藤真一は、猫の目で、パリの街を眺めているというメッセージが書かれている。
 斉藤真一の絵は、デパートでも、画廊でも見て、心を引かれていた。私でも手の届く値段だったのに、私は斉藤真一の絵を一枚も持っていない。
 持っていないだけに、斉藤真一への思いは深くなる。所有しないことの喜びを、斉藤真一の絵を通して認識した。斉藤真一の絵は、どこにでも見られるわけではない。それだけに、機会を得て、出会う時の感激は大きい。  

Posted by アッチャン at 12:58Comments(0)