2011年11月29日

 榎忠展を見て

 

   


 怠け者の私ででも、書きたいという衝動にかられる時がある。
 日曜日、友人と昼食をして、別れた後で、友人から頂いていたチケットの最終日、兵庫県立美術館に、梅田から阪神で。 
 榎忠、の展覧会だった。頂いたチケットを無駄にしては申し訳無い、という気持ちだけだったのだけれど、私は大きなプレゼントをもらった。
 忘れていたもの、心の奥深くに、沈み込んで記憶に意識に登ることの久しくなかった、私の原風景と呼べるものの数々を目の当たりにして、言いしれぬ感動が沸き上がった。
 私は泣いていた。涙が溢れた。


 
父の工場の足場に転がった、鐵屑は、旋盤で鐵を削った後の残骸。私はそれらを践みながら、父の側で、油の匂いのする父が、ネジを作っていたり、火花を鐵の仮面で覆って、 鐵を焼いているのを、見て育った。



 工場は、私の遊び場だった。工場には、鉄くずが転がっている。隣の遊び友達のお母さんは、鉄くずを拾って、生きる為の最低のお金に変えていた。その頃は、面白いからとやっていた遊びのようなものが、榎忠の作品の中に、機械と格闘しながら、人間の肉体と、精神力とで、鐵を創造の形に変形させてる様の、無限大の力を感じて、
 隣のおばさんお痩せこけた小さな肩に、網の目の破れた袋から、はみでていた、針金や、鐵屑を含んだ、いびつな形と、肩にくいいる苦悩の顔は、芸術だったのだと。




父の手の皺に食い込んだ、重油の黒い模様。父の顔には、油のシミがついている。
 寂しがり屋の父の側で、手品のように機械から出来てくる、ぴかぴかの鐵の美が、
榎忠の作品で、私の心に蘇ってくる。


 油の匂いがするようの感じる。懐かしさと、悲しみが一挙に押し寄せてくる。
 私が、今、あるのは、父の御蔭だ。
 映画が好きで、カメラが好きで、野球もやり、お金のなかった、若い頃の話を、人ごとのように聞いていた。



 父は仕事が終わると、油の手をごしごしと石鹸を真っ白にしながら洗い落とし、映画館に通った。母や子供達の写真を沢山とって、押し入れの中で現像していた。
 友人の家に毎日のように、出かけて行った。夜中、父は好きな本を読んでいた。

榎忠

  仕事をしながら、父は、時間を惜しんで、無駄にしない人だった。
 父の生き方は、芸術家のそれに匹敵していたのだ、と、私は、新たな発見をした。



  

Posted by アッチャン at 11:57Comments(0)art

2011年11月26日

 吉田さんが、生きておられたら


  


先日、朝の、テレビで、甲子園をぶらり歩いて、まどか広が、前衛のアーティストに出会った。嶋本昭三という人。
 84才だという。凄くお元気で、バイタリティー溢れていて、全国に200人のお弟子さんがおられる。

http://www.shozo.net/prof/index.html

 テレビに、あれ、見た顔。
 サクランボの季節に、吉田さんが、お友達の画家の家での食事会によばれて行かれるのに、私も誘ってくださって、連れて行ってもらったことがあった。
 その時に、車の運転をされていた方だ。博報堂の人だとかで、吉田さんのお世話を良くしてくださっている、カメラマンだったと記憶しているが、間違っているかも。 パーフォーマンスの前衛アートだから、それを写真に取って、アート作品として出されるわけで、その写真が、世界で人気だとか。

 吉田さんが、生きておられたら、と思う。病気さえなければ、お元気で、活躍されているのに、と。

 そんな折、私のブログに、吉田さんの作品を継承しておられる娘さんから、メールが入っていた。

 12月の8日から、ロンドンのオクトーバーギャラリーで、吉田さんの作品を含めての、
  展覧会が、2月まで開催される。

  http://www.octobergallery.co.uk/exhibitions/2011ill/index.shtml

   ロンドンに行かれる方、オクトーバーギャラリーに、足を運んでくだされば、
   と思って、案内させていただきます。

 オクトーバーギャラリーに展示されている、吉田さんの作品も、増えていますので、
 ご覧ください。

 http://www.octobergallery.co.uk/artists/yoshida/index.shtml
  




  

Posted by アッチャン at 13:34Comments(0)art

2011年11月16日

命の輝き、介護の力



  


 病院に叔母を訪ねた。病院の近くに住む従姉妹が、毎日のように、叔母を見舞って、何かと世話をしてくれている。
 この前行った時に、叔母が、少しなら、口から入れても良いと言われ、ハーゲンダッツのアイスクリームを食べさせてあげたら、半分以上、美味しいと食べてくれた。
 従姉妹が、できたてのコーヒーをポットに入れて、病院にやってきた。
 とろみをつけて、コーヒーの味を楽しめるようになって、コーヒー好きの叔母のため、市販ではなく、家から持参してくれている。
 
先日、従姉妹からのメールで、看護婦長から、お寿司を少しなら、との許可が出た、と。 でもそれは危ないのでは、と思いながらも、そんなに回復しているの、とも。
  その知らせを聞いていたものだから、病院に行って、まだ叔母が鼻からチューブを入れているのを見て、一瞬戸惑ってしまったけれど、鼻からチューブを入れての、ミルク栄養が続いていることには違いない。
 弟と入れ違いだとか。従姉妹は病室に1人でいて、ベッドはなかった。
リハビリに行っているとのこと。弟が、介護認定の人を連れて、やって来て、今帰ったところだとか。級が上がって、4級に昇格することになれば、特養に、入居しやすくなるのでは?との配慮から。審査を頼んでいた。

 この病院に入院した時には、叔母はまだ伝い歩きが出来たのだ。病院の方針で、患者は おしめの取り替えをするようになって、寝たきりの状態になった。
人生の下降を辿っているのですと言われ、有料の老人ホームには、入居は無理なので、後は、特養への望みしか持てなかった。寝たきりで、車椅子も無理だと言われていた。

 けれど、叔母は回復に向かっている。
 リハビリ室に行くと、男の人が、叔母のリハビリに当たっていた。
 「久しぶりね。」と叔母の声ははっきりして、力があった。ほとんど聞き取れず、口も開かず、から、だんだん分かるようになっては来ていたけれど。
 以前よりも、ずっと元気になっているのに、びっくり。
 リハビリの先生に、それとなく、叔母は車椅子を使うようになれるのでは?と聞いてみた。足がここまで曲がるから、リハビリを続ければとの返事が返って来た。
「痛くても、動かして、努力したら、どこだって行けるようになるよ。レストランにも行けるし、デパートにも行ける。車いすだったら、普通の生活が出来るから。」
「1人ではいけないわ。」と叔母
「勿論、一緒に行くのよ。」
 叔母は嬉しそうに、
「死にたいと思っているくらいなのに。」と。
叔母は生きたいと思っている。決して死にたいとは思っていない。

 リハビリ室から帰り、私が持って行った、小芋のアイスクリームを口に入れてあげると、 甘くなくて美味しいと、こちらが心配するくらい、何度も口に入れる。
 チョコレートも一つ、大きいので、4つに割って、口に入れると、溶けるのを楽しみながら、一個食べてしまった。
 持って行った、バナナも食べるというので、刷り棒で、潰して、口に。

 食欲も出て、美味しいと味わうことが出来るようになったのは嬉しい。けれど、また、痰がからまないか、熱が出てこないか、心配だった。
 
 翌日も来るという従姉妹が、その後の状態をメールしてくれるという。
 こんなに食べたのは初めて。お寿司はやはりまだだめだとのこと、そうだろうと思っていた。
 叔母は、弟が来てくれたのも嬉しかった。元気になろうという前向きな気持ちが強くなっている。そんな中で、食べ過ぎたのではとすごく心配になっていた。

 翌日、従姉妹からのメールで、叔母は元気で、体調はどうもなく、看護婦長からの指示で、リハビリが連日してもらえたとのこと。

 きっとあのリハビリの先生が、家族の意向と、叔母の可能性を伝えてくれたのだ。

 以前に、私が、看護婦長に、別費用で、リハビリをもっとやってもらえないかと尋ねたら、
「ここではそういうことは出来ません。そういう要望なら、リハビリ病院に行ってもらうしかないですね。ですが、リハビリで、車椅子に座れるとか歩けるようになるとか出来ません。 骨が骨ソショウなので、曲げると折れてしまいます。車いすは無理です。リハビリということではなく、マッサージくらいだと思ってください。」と言われていたのだ。

 叔母は、二日目には、自分で起き上がって、伝い歩きの平行棒にまで、連れて行ってもらえたと。

 叔母の回復ぶりを、病院の介護の人達も看護婦長も、、喜んで くださって、涙してくれた人もいる。ほとんどの患者さんが、死に行く介護型の病院だから、絶望しかけていた叔母の状態からの、徐々に、確実に回復の兆しを見せている、叔母は、介護する人達の、心を明るくし、希望の喜びを与えている。

こういう風に、患者が救われていくのは、家族の力が大きい。
 
 私の母の場合でも、毎日病院に詰めていたから、手術は無理だと言われていたけれど、 手術の出来る病院があればと、主治医から、協力してもらえた。手術しなければ、6ヶ月の命だったけれど、入院していた病院では、年だからと、手術はしない方針だった。

また、ある病院では、肺炎だと診断され、そのままの治療だと、母は、亡くなっていた所だった。リウマチ性のものではないか、と何度も、主治医に。 一月経って、やっとリウマチの反応が出て、治療法を切り替えてもらったら、体中から痛みは消え、みるみる元気になって行った。

 医者は、自分の判断を撤回することを好まない。ましてや、副院長だったわけだから。 医者の思い込みで誤診というのは、多いのではないだろうか。老人に対する医者の意識も問題がある。

  家族が日参して、病人に付き添い介護していると、病院のほうでも、それなりに、対応が違ってくる。それが患者を救うことにつながっていく。  

Posted by アッチャン at 13:52Comments(0)日々の事

2011年11月12日

「正倉院展」奈良に


 



NHKで、今年の、正倉院展を紹介していた。
正倉院展は、いつも凄い人なので、敬遠していたのだけど、去年、行って来た友人が、良かったと言っていて、番組で紹介された、おそらく、日本で最も美しい刀だと言われる、聖武天皇の刀が見たくなった。
中国からの、カラフルな色が、日本では、微妙な色のグラデュエーションを生み出し、
織物で、袈裟の継ぎ接ぎのような模様を生み出しているのも興味があった。
 近鉄沿線に住んでいる友人に声をかけたら、彼女も、NHKの番組を見て、行きたいと言うので、奈良で待ち合わせた。
 インターネットで、あらかじめ、時間を調べていたら、阪急と地下鉄と近鉄で、片道1040円だった.
 最寄りの駅で、阪急の宣伝紙を取って、乗り、退屈しのぎに読んでいると、奈良、斑鳩のフリーパスが2000円で、奈良のバスチケットまでついている。
 しまった、これを買ったほうが安いし、便利だ。


 梅田の駅で、聞くだけ、と思って、このチケットが買えるのか、ここまでのチケットを返還してもらえるのか、聞いてみた。
 2000円でフリーのチケットを買って、ピタパで通したほうの分は消してくれた。
 早い目に出て来たので、待ち合わせの時間に余裕があったから出来たことだった。
  奈良駅についたのは、11時、奈良博物館の前では、やはり人が並んでいたけれど、30分待ちで、少ない方だと言われたので、待つことにした。


 チケットは、身障者手帳を持っている友人は無料。4級なので、本人だけか、あらかじめ、博物館に電話で聞いたら、身障者手帳を持っている人は級に関係なく、付き添いは一人だけ無料だといわれた。これは嬉しいこと。
 チケットを買うのに、列ばなくても良く、無料で入れるから、付き添いは楽し。
鎌倉では、最初のうちは、私だけチケットを買っていたんだけど、途中で、付き添いは無料だと言われて、そん後は聞いてから、いるときだけ買うようにした。拝観料が無料という特権は大きい。
奈良の国立博物館は、本人だけだろうと思っていた。美術館は、本人だけの所がほとんどだから。
  館内は、混んでいたけれど、見られないほどではなくて、空いた所をよって、ほとんど全て見る事が出来た。
 宝刀には、中で辿りつくまで、さらに列が出来ていたけれど、作品の前に張った縄の外からのほうが、動かずに見る事が出来たので、乗り出して、見れば、充分。
 長い列を並んで、宝刀の前に行っても、留まることが出来ないで、通りながら見るだけだから。 
  国宝や重要文化財の仏像が沢山納められている、仏像館に入ると、もうここで見れば、どこにも行かなくて充分なくらい、素晴らしいものが沢山展示されていた。



 お腹も空いて、友人の勧める店が、3時までに入らないといけないので、またいつでも来れるからと、ざっと見て出て来た。
 友人の勤め先で、ここが良いから是非行くように勧められた、鰻屋さんを探しながら、30分くらい歩いて。
 民家を利用した店で、わかりにくい場所にある。
鰻を食べるつもりだったのに、鰻も入った、お弁当に。欲張りなので、あれこれ入ったものを食べたくなる。
 値段は1500円。鰻重は、1300円で、鰻丼は900円なので、安いけれど、ちゃんと国内産を使っている。



 お料理がなかなか出てこない。おしゃべりしているから、苦にならないうけど、急いでいる人には、我慢出来ないだろう。 お土産に鰻を頼もうかと言っていた友人は、これではだめだから、やめておくわ、と。
 やっとこさ出て来た 料理は、薄味で美味しい。鰻が特に。弁当には、少ししかないので、しまったなあ、と後悔しながら。鰻屋は、鰻重が一番だ。次は鰻にしよう。
 変にカロリーとか、栄養とかを考え始めると、種類の多いものを注文してしまう。
 これでは、肥えないわ。友人が持って来てくれた、大ぶりの栗入りどら焼きを食べた頃に、デザートの栗饅頭が出て来た。私が持って行った、チョコレートも食べた後で。

活活亭、鰻の店

  近くにある、今西酒店に寄った。奈良では有名な酒屋さん。
400円で、5種類の聞き酒が出来る。
 客は皆、そこで、聞き酒を楽しんでいる。私達も。
 そこに、俳優の、浜畑健吉さんが。向かいの席に座って、聞き酒を注文していた。


 
 年取っているけれど、やはり一般の人とは違って、目立つ。背筋がピント張っていて、スマートで、素敵な服の着こなし、イタリア製のダークブラウンの形の良いビジネスバッグを隣の席に。逸品というのは、見てすぐわかる。
 会釈すると、浜畑さんも。 
 友人に小声で、教えてあげると、全く気づいていなかった。
 奈良で、公演があるのだろうか。舞台人とか、映画人や、テレビで出ている人は、ほとんど整形しているから、皺はないけど、魅力もなくなる。
  浜畑さんは、自然に老いを道ずれにしていて、素敵だなと思った。


 
 バスで、奈良まで乗ったので、このフリーチケットも、値打ちがあった。
 結局、博物館に行って、食事をしただけで、一日が暮れた。
 楽しいと、時間が経つのが早い。



近鉄奈良駅に、評判の立ち飲み屋がある。そこは、酒が一杯300円で、なみなみとついでくれる。

 今度、酒飲みの友人に教えてあげよう。 



   

Posted by アッチャン at 18:29Comments(0)art