2015年06月23日

京都に送って

      



 京都まで送って行って、ランチを食べてから、別れた。
 なんだか、急に寂しくなった。

 帰りに、母に会いに行き、コナミにも。

 今頃、どうしてるかなときにかかる。

 息子達がやっている頃には、また合流して、我が家は満杯状態になる。

 どこかに脱落感があって、何も手に着かない。

 疲れているなあ、という感じがあって、掃除しないとというあせりもある。

 眠たくて仕方ない。




 なんだろう、この欠如感

 しばらくは、自分の生活ペースには戻らない。

 これが幸せというもの?充実感を味わった後の、空虚?  

Posted by アッチャン at 15:37Comments(0)日々の事

2015年06月23日

ペンション、レム

  zemuの朝食


 東京で、最初に泊まった、神宮前のドーミーインは気にいったけど、次の、ホテルじゃない、へんなのはあまり、というコメント。
確かに、ドーミーインの朝食はバイキングで、そこらへんのビジネスホテルとは比べものにならないくらい豪華で、味も良いし、
温泉付きで、ベッドもツイン。


アメリカのホテルになれている人には、狭さに驚くでしょうが、東京のビジネスホテルに比べれば、22平米あれば贅沢な方。
二日目の泊まったのは、ホテルではなく、ペンションという形式を取ったもので、マンションをホテルに使っている。
水天牛駅から歩いて4分の所にある。
明治座に行っていたのに、このペンションが近くにあることはわからなかった。
随分以前に、友人と宿泊したことがあった。なかなか良いね、と言いあって。ダブルベッドが二つある大きな部屋を提供してもらっていたから。
その後、値段が高くなって、そのまま忘れてた。
るるぶで、ペンション、レムが出て来て、ここなら人形町にも近いので、帰りの羽田に直通で帰れるからと思って予約した。



私はほとんど一人でホテルに泊まるので、シングルかダブルを予約する。

ミミちゃん〈息子のパートナーの娘の名前はみみこ)と一緒なので、ツインでないとだめ。となると、限られてくる。
観光客が増えて、ビジネス用のホテルも取れないというこの頃のこと、ドーミーインはほとんどがシングルとダブルのホテルだから、ツインがあるのは少ない。あっても、2つか3部屋の所が多い。神宮前はツインが沢山あるよう。




ゼムは、大きな部屋だと4,5人泊まれるような部屋もある。長期で泊まる人も。
その日、空いていた部屋は、ダブルベッドに、ソファーベッドを使ってツインにした狭い部屋で、20平米の広さだった。
大きなベッドに、ミミちゃん、私はソファーベッド。テレビはダブルベッドの前の壁かけにかかっている。
朝食は250円という安さ。コーヒーなどは自由にいつでも。十分快適に過ごせる。必要なものはなんでも貸出している。

東京で一人で泊まるホテルは、広さがせいぜい12から14平米で、狭い。20平米あると、ちょっと広さが感じられる。

このペンションは、東京で幾つかあるのだけど、顧客満足度が高い。

朝食に行くと、カレーを食べている。毎日スペシャルメニューがあって、カレーがそうだった。数に限りがあって、完売。
サラダ、ヨーグルト、卵にソーセージ、バナナなどから、3つ選ぶ。パンと飲み物は自由。

けっこういいと思ったけれど、アメリカのホテルに比べたら、月とすっぽんだから、落差にがっかりしても仕方ない。





  

Posted by アッチャン at 15:19Comments(0)旅行

2015年06月21日

浅草



東京での二日間雨ばかりでした。せっかく東京に来たのだからと思って浅草に案内しました。浅草は、外国人観光客に最も人気のある場所なのですが、14歳の女の子には興味がないようです。通りの店に並んでいる、服は、どれもおなじ、おばあさんのものばかりだと言って、疲れがててきて、頭が痛いと言うのです、私はそれがおかしくて、思い出しては、笑ってしまいます、、


確かに、原宿とは打って変わって、おばあさんの服ばかり。野暮ったいバッグや、靴、、土産屋の品物も皆同じ

私は、浅草の大衆芝居小屋が面白がるかと思ったなですが、全く反応なし


  

Posted by アッチャン at 16:35Comments(0)旅行

2015年06月20日

原宿

原宿にました。 原宿 の竹下通りは10代の女の子たちのファッションがいっぱいです。雑誌に載っているTシャツや可愛らしい洋服屋背の高い靴など。アメリカから新宿に行きたいと言う女の子を連れでやってきたのですが疲れ果ててしまいました 。
神宮前にあるドーミーインに宿泊しました。大浴場があるのが魅力です。

竹下通りには制服を着た女の子達がゾロ ゾロ。
学校をサボっているのか、午前中から。
どれもそれほど高いものはなくて、アルバイトで貯めたお金で買える程度で貯めたお小遣いで買える程度のものが多い。
興味は、ファッション雑誌にだているような、可愛いものを買いたいという欲求だけ。
孫にせがまれて買い物に来たのかと思われるおばあちゃんを大阪や神戸でも見かけることがありますが、こんな忍耐をしているのじゃあとの心境を体験。
私は普段自由なんだと改めて痛感しました。
ザクザクというシュークリームとソフトクリームが人気で、旅行者も長い列を待って。
確かに美味しい。
2日目にも食べました。
北海道にある店だろか。
  

Posted by アッチャン at 08:16Comments(0)旅行

2015年06月13日

猿之助、特別舞踊公演

京都芸術の春秋座で、猿之助の舞踊公演を観ました。


当日チケットもあります。
とても観やすい小屋なので、二階でも問題なく楽しめます。
私は、前から7番目の席を買ってたので、花道のそばだつたから、とてもよく見えました。


猿之助は、春秋座の芸術監督でさので、毎年、舞踊公演と、伝統芸能の会で、ここをつかいます。
猿之助の、舞踊は子供の頃から、天才と言われて、惚れ惚れするくらい旨い。
今回は、独楽、と双面水照月、を。
独楽売りが、独楽になつて、刀の上で、回る所で終わる。猿翁の、18番の創作舞踊。二番目は、法界坊と、野分姫の2人の
亡霊が、1人になつて、二役を、踊りわけて、踊る難しい踊り。初めて演じます。
どちらも、とても見応えのあるものです。
遠いのが、何点ですが、毎年楽しみな舞台です。  

Posted by アッチャン at 19:22Comments(0)演劇

2015年06月13日

歌舞伎座のチケット

歌舞伎座の7月は、猿之助と玉三郎、海老蔵に、獅童、という豪華な顔ぶれ。
売出しの初日、待ち構えて、ネットにアクセスしたら、混雑で、入ることかなわず。やっと、20分経過で、チケっトが買えるようになつたら、昼の部は、全て完売。夜は、全日、空席あり。
猿之助の人気は凄い。昼の部は、猿之助
が早変わりで、6役を演じる。
私の目当ても、昼の部。ショック。
残された可能性は、幕見しかない。
沢山並ぶだろうな。



取り敢えず、夜の部は買いました。玉三郎が、見たいから。
牡丹灯籠は、あまりだけど。
飛行機の予約は、立ち見にならぶので、朝から出かけて、夜は6時の飛行機に。
昼の部の、最後の出し物だから。
時間を持て余すけど。
ユナイテッドの、不満ばかり言ってるけど、マイレージが、半分で、日本国内が、使えるようになつたので、有難い。以前は、大阪東京間で、10000マイルも必要で、手数料が、25ドル。買ったほうがよかつた。5000マイルになつたので、マイルを使えるので、交通費が助かる。
なので、チケットは、一等,ホテルも、少しは余裕がある。期間限定なのか、わからないが、有難い。  

Posted by アッチャン at 14:42Comments(0)日々の事

2015年06月08日

ジャファンスと、サンドラの週末

ジヤフアンスで、フレンチのランチを頂いて、ワインの余韻ものこりながら、久しぶりにに、映画を観て帰ろうと、梅田のテアトルに。


サンドラの週末、という映画が、始まるところだつたので、どんな映画かもわからないまま。
フランス映画で、ビアフを演じた女優、マリーコティヤールさん。


鬱病で休職せている間に、会社は、残りの16人でやっていけるので、残りの人達に、1000ユーロのボーナスか、彼女の復職かの、どちらかを投票で、決めさせた。失職すれば、生活が出来ない。社長に、再投票の約束を取り付けて、サマンサは、夫の励ましで、ボーナスに投票した、仲間を訪ねて、自分に投票してもらいたいと、お願いする。月曜日まで、2日しかない。



1000ユーロのボーナスは、誰にとっても、貴重なお金。人間の合理的な面と、生活、ヒューマニズム、連帯感、など、揺れ動く、人間を描いて、なかなか面白い作品だつた。
久しぶりの映画館。



帰りに、
ジーノで、サンブルのつかみ取り。
こんなに取った人は、今のところ見てないといわれて。まだ、6月の初めだから、始まったばかりだけど。
味の素の、ジーノ化粧品。10800円以上かうと、掴み取りのイベント中。旅行に、重宝するので、頑張りました。
でも、シャンブーとトリートメントが、半分くらいだつた。いらないもの。ホテルに、それだけは、いつも付いているから。
西宮のコナミが、休みなので、梅田のコナミに寄って帰りました。
背中から、首にかけて、痛むので、遠赤外線の、サウナが効くかなと。
映画は、お勧めです。
  

Posted by アッチャン at 12:30Comments(0)日々の事

2015年06月06日

福井敬リサイタル

フェニックスホールで、テノール歌手の福井敬の、素晴らしい声量と、美声を満喫。その後の、オフ会にも参加、長年のファンに混じって、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
昨年の、フェスティバルで、第九に出ていた、福井さんのテノールに、すごい人がいると思って、ネットで、調べ、福井ねつと主催の、リサイタルを、知ったのです。


アジアの、3大歌手と言われているとか。
一部は、日本の歌、二部は、オペラを中心に、割止まない拍手の、アンコールで、4曲も、熱唱してもらって、ありがたかった。
リサイタル後は、サインサービス、車椅子で、駆けつけた人達も、なんにんか。
素敵な老夫婦も、昔からのファンで、車椅子の奥様をいたわりながら。
来年は、いないかもと、福井さんに言われる、重病のかたも。


一期一会の集い、素晴らしい会でした。
気さくな人柄も、和気あいあいの、雰囲気を作り出しています。  

Posted by アッチャン at 20:42Comments(0)日々の事

2015年06月04日

朱蒙

韓国ドラマ、朱蒙、にすっかりはまってます。途中から見たので前編の見てない分をビデオで買いました。すごく面白いです。


高句麗の、創始者を、モデルにした、時代劇で、主演の、ソン、イルグクがとても魅力的。相手役、ソソノを演じている、ハン、ヘジンの、美しさは、韓国ドラマの中で、抜きん出た存在でしよう。ソン、イルグクの、演技が、自然なのも、他の韓ドラにない魅力。



ビデオを買っているのは、チャンネル銀河で、放送しているのを、録画していたつもりだったのに、撮れてなくて、ビデオを買つたのです。楽天などでも、ネットで、見られるし、ツタヤから、借りてもいいのですが、友人にも、貸し出しできるからと。ぜんかんかえば、高いから、録画している分は、買わないないので、飛び飛び。
アメリカで、はまつているのよ、と言って、ネットの、写真を見せたら、息子のバートナーが、息子に似ているというので、そういえば、と気がついて。
日本に帰ってから、ドラマの、朱蒙が、息子によく似ているので、胸のときめきが、失せてしまって。
素敵だと、胸キュンだったのに、息子の顔に見えて、すっかり熱が冷めてしまった、
でも、話の展開が面白くて、はまつてます。
2,007年の、フジテレビで放映された、随分前のもの。再放送は、完全版の、字幕で、同じものですが、コマーシャルがないので、すっきりしています。  

Posted by アッチャン at 07:29Comments(0)映画

2015年06月01日

グランだ

日を受けて、グランダの中庭にある、アジサイが、美しい。

小倉遊亀の、アジサイ。
母の部屋から見える通りに、行き交う人に手を振っている。

今、おやつの時間です。
母は、食べることに、集中しているので外で待っています。
真夏の暑さは、ここでは全く感じられないくらい、快適な温度を保っています。
私が誰だかわからない日もあれば、知っている人と言う日もあります。

母は、何度も、部屋から出て、廊下を歩きに行き、戻ってきます。
怖い、という言葉ばかり。
何がこいうわけではなく、笑いながら。






  

Posted by アッチャン at 15:34Comments(0)日々の事