2015年09月26日

歌舞伎




昨夜、あまり寝てなかつたので、歌舞伎の半分は、寝ていた。眠くて仕方なかった。
紅葉狩りは、パリで、海老蔵の更科姫、じつは、戸隠山の鬼女役で観た。
猿之助のファンになつたのも、その時の、山神という役
で踊りがすばらしかつたのが、きっかけ、

今日は、金之助、染五郎親子の共演だつた。可愛い山神。踊りもしっかりして、頼もしい。歌舞伎役者の子供は、赤ちゃんの時から、歌舞伎役者として育つ。


私の耳が、遠いので、聞こえ辛い。3階の前席も聞き取りにくい。最後列の立ち見席では、結構聞こえたので、3階を選んだのに。
足もと、南座や、松竹座に比べて少し広いけれど、足を組んだらギリギリ。横からなの
で、首がおかしくなつて、肩が凝って疲れた。
最後のお
芝居は、歌舞伎座で、50年ぶりの出し物とか。競伊勢物語というお芝居、
染五郎と菊之助のコンビで、吉右衛門が、中心になつているが、内容が、ききとれにくくて、半ばまで退屈で、出ようかと思ったが、中席なので立てない。2時間のやすみなし。半ばから、少し面白くなってきた。



歌舞伎座のお芝居が終わったのは、4時、空港に直行してもいいくらいの時間だつた。急いで、人形町の、味噌ずけの店に。頼まれてたので、間に合わなかったらひきかえすつもりで、地下鉄に。
なんのか、くりあー。はらはらドキドキはかり。
明け方、胸が苦しくて、しばらくしたら、治った。
そんな時は本当に不安になる。決まって、左側。


飛行場のラウンジで、ビールを飲んだ。
美味しい。夕方だから、いいでしよ。


同じカテゴリー(演劇)の記事画像
わりなき恋
檀、二人芝居
ねずみ小僧捕物帳
いがみのゴン太
玉三郎が誘う鼓童の世界
春秋座、男達の棲家
同じカテゴリー(演劇)の記事
 わりなき恋 (2016-10-06 18:19)
 檀、二人芝居 (2016-07-30 20:55)
 ねずみ小僧捕物帳 (2016-06-17 22:04)
 いがみのゴン太 (2016-06-13 14:19)
 玉三郎が誘う鼓童の世界 (2016-06-02 20:40)
 春秋座、男達の棲家 (2016-05-20 22:00)

Posted by アッチャン at 19:39│Comments(0)演劇
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。