2015年10月19日

パウルクレー展



兵庫県立美術館に、パウル、クレー展を観に行きました。
友人からもらったチケットで、時々、兵庫県立美術館に行くのが、楽しみになっているのでさが、クレーは、私の好きな絵なので、特に。



お天気も良く、兵庫県立美術館は、いつも空いているので、ゆっくり絵画を鑑賞できるのも好きなのです。
観たことのない作品が多くて、ずいぶん沢山出ていて、ラッキーな機会に恵まれました。それに、時代別に、作品の変遷もわかります。
晩年の作品は、怖いくらい恐怖感が表れているのもあります。
最後の、アトリエに残された絵画は、ムンクの叫びよりも怖い。
クレーは、中間の時空に存在しているのだと、自ら語ってきます。
私も、現実の世界に根を張ってなくて、フワフワと浮遊しながら、生きているようなものだし、中間に存在しているのかも。
常設展は、季節で入れ替えがあるので、毎回見るようにしています。




この美術館は、私が、学芸員資格を取るときに、実習でお世話になります。そのときに、金山平三展が開催中で自然の風景が素晴らしいのに感動しました。
新しい美術館に変わって、常設で何点かいつもむるのですが、何点か入れ替えがあって、楽しませていただきました。


佐伯祐三の、神戸よ風景や、中西勝の作品、横尾忠則など、楽しめます。







同じカテゴリー(art)の記事画像
ガラス工芸
吉田堅治が残した平和への願い
ガラス工芸
ピカソ展
禅、心から形へのアート
福井敬、リサイタルと母の日
同じカテゴリー(art)の記事
 ガラス工芸 (2016-10-09 01:18)
 吉田堅治が残した平和への願い (2016-09-20 01:26)
 ガラス工芸 (2016-09-13 11:58)
 ピカソ展 (2016-06-03 16:52)
 禅、心から形へのアート (2016-05-14 13:56)
 福井敬、リサイタルと母の日 (2016-05-08 10:18)

Posted by アッチャン at 09:30│Comments(0)art
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。