2016年07月15日

雀右衛門襲名披露




朝一番出かけて、ナンバーパークスで、阿弖流為の劇映画を観てから、松竹座に。
阿弖流為は、明日まで。
舞台は観ている。映画は、編集しているので、また違った魅力がある。染五郎も勘九郎、七之助兄弟も、皆、熱演で素敵。新橋演舞場でも公演から作ったもので、好評だった舞台。



腰が痛くて、座っているのが辛い。
松竹座は、今日が夜の部、明日は昼の部。
雀右衛門の向上で、わからない役者がいて、後ろで黒子が椅子を支えて、役者は不自由な姿勢。
我當さんではと思ったが、あまりに違う。張りの良いはずの声が言葉も聞き取れにくく、表情が違っている。





あとで、案内の人に誰かと聞いたら、やはり我當さんだった。
相当の無理を押して出てこられている。
名前はチラシにあったけど、演目には出てなかった。
大阪の舞台で、こういう機会に、客に挨拶すつために出てこられているのだと思う。関西歌舞伎を育てる会を立ち上げ、力をつくしてこられた。

4代目雀右衛門の相手役を務めた芝居を、仁左衛門が5代目の披露公演で相手をつとめている。
夜の部は、鳥部山心中。雀右衛門は可憐で健気な遊女を演じている。新コンビの誕生。
芝翫を襲名することになっている、橋之助が、夜の部、全部に出ている。最後の、芋掘り長者は、面白くて、目が冴えた。大いに笑った。

それにしても、腰が痛くて、辛い。
腰痛めると、全く自信がなくなる。鬱になるそうだ。鬱、そう。鬱。


同じカテゴリー(歌舞伎)の記事画像
玉三郎が美しすぎて
秀山祭9月大歌舞伎
9月秀山祭大歌舞伎の玉三郎
暗雲立ち込めて
玉三郎特別舞踊公演
猿之助と海老蔵の火花
同じカテゴリー(歌舞伎)の記事
 玉三郎が美しすぎて (2016-09-18 11:14)
 秀山祭9月大歌舞伎 (2016-09-17 09:07)
 9月秀山祭大歌舞伎の玉三郎 (2016-09-15 23:59)
 暗雲立ち込めて (2016-09-06 18:31)
 玉三郎特別舞踊公演 (2016-08-17 01:14)
 猿之助と海老蔵の火花 (2016-07-22 07:07)

Posted by アッチャン at 00:40│Comments(0)歌舞伎
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。