2007年04月07日

グランパレ



 金曜日、朝から銀行に行った。昼食後になるというので、近くにある台湾料理の店に行った。とても美味しいからと薦められた所、12時を過ぎる樋、小さな店は満員になった。




お昼のメニュは12ユーロ、単品だと9ユーロだった。飲み物付のメニュを頼み、海老とパパイヤの煮物を選んだ。ここのお勧めは、焼き豚だったと注文してから思い出した。隣の席の親子は焼豚を注文していて、焼豚が沢山乗ったプレートを見て思い出した。パパイヤも美味しいけれど、甘いのと、パパイヤの量が多いので、甘いものを食べながら、ワインを飲むという取り合わせの悪いものになった。美味しさも半減。焼き豚が美味しそうだった。そう、ここのタピオカが絶品と言ってたっけ。若い女の子達は、揃って、タポオカを食べている。お勧めのタピオカを思い出した。選択の失敗を悔やみながら。1時半に銀行に行き、新しい、わけのわからないものを薦められ、解約するつもりなのに、何故かまた、長期のものにサインしてしまった。わからないままに、つい薦められると、そういうことになってしまう。解約する場合はパリに来なければならないそう。こんなはずではなかったとまた悔やむ。

マドレーヌにある、ワインビネガーやからしのマリネーなどの美味しい店

銀行を出ると3時を過ぎていたので、近くの三越に行ってみた。適当なみやげ物はないかと見てみると、ユーロ高の為、どれもため息がつくような値段だ。定番のロンシャン携帯兼用のバッグは、日本で買うよりも2000円安いという。定価なら、ということだから、多分日本で買う方が安いだろう。友人が習っている常磐津の人間国宝の先生が買い物に来ていた。ネクタイを長時間かけて選んでから、マフラーやバッグを吟味して迷っている様子、昨夜、歌舞伎の公演が終わって、買い物をして日本に帰られるのだろう。三越には、ひっきりなしに日本の旅行団体がやってくる。休憩所があって、日本の新聞が置いてあり、トイレ休憩にもなるし、私は大して買わないけれど、重宝している。三越を出て、友人が美味しいからと薦めていたうどん屋の{国虎屋」という店を探して歩いたが、反対側のマドレーヌの方に行っていた。三越でもらったレストラン地図の番号を間違って見ていたらしい。

コンコルド広場

シャンゼリゼの公園

マドレーヌから、コンコルド広場に出て、シャンゼリゼ通りを歩いた。足が疲れてきた頃、グランパレの前にやってきた。
会場

日本人作家の作品

グランパレでは、5日間、毎日夜の9時まで特別展{アート2007年」というのをやっている。入場料は15ユーロ、高いので一旦ややめたものの、通りすがりにしろ何かの縁と思って、入って見ることに。この催しは、ギャラリーが、抱えている画家の作品を即売して売る特別展だった。イタリアなどの有力なギャラリーらしき所では、何千万円の作品を展示している。


見て廻るだけで、大変なエネルギーがいる。何しろものすごい数のギャラリーが出品しているのだから。以前の作品から、最新の作品まで、様々な絵画や、オブジェなど、面白い。ジャズバンドの演奏もあり、パーフォーマンスを演じているグループには、人だかりが出来ている。グランパレと言えば、特別展は人気で、いつも人の行列が出来ているのに、夜だからかな、と思ったら、商業的な催しだったのだ。でもこういう見本市r的な、絵の展示会も初めてなので、面白かった。


 そこを出たのは閉店時間の9時、バスでプラスイタリーで降り、中華街まで歩き、ベトナムラーメンの店でしばらく並んで待った上に、我慢できなくて、隣の空いている店の焼きそばを食べてアパートに帰った。



 橋の上で、スペイン衣装を着たモデルの撮影があった。私も盗み撮り。


同じカテゴリー(art)の記事画像
ガラス工芸
吉田堅治が残した平和への願い
ガラス工芸
ピカソ展
禅、心から形へのアート
福井敬、リサイタルと母の日
同じカテゴリー(art)の記事
 ガラス工芸 (2016-10-09 01:18)
 吉田堅治が残した平和への願い (2016-09-20 01:26)
 ガラス工芸 (2016-09-13 11:58)
 ピカソ展 (2016-06-03 16:52)
 禅、心から形へのアート (2016-05-14 13:56)
 福井敬、リサイタルと母の日 (2016-05-08 10:18)

Posted by アッチャン at 04:51│Comments(0)art
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。