2007年04月10日

ジョージ、オキーフ

 オキーフ
ボードレール
オキーフ
サラ、ベルナール

 昨夜、迷宮美術館で、ジョージ、オキーフが紹介されていた。オキーフの絵画は、ニューヨークのホイットニー美術館が集めているので、そこで彼女の絵を見て以来魅せられている一人だけれど、オルセー美術館で、パリのオルセーという企画で、19世紀の古いパリの写真展があった。その中に、女優のサラ、ベルナール、詩人のボードレールなどのポートレートと一緒に、オキーフの写真もあって、初めて彼女の素顔を知った。その写真は、夫の写真家が撮ったもので、彼女は裸体をさらけ出していたので、すごく大胆な人なのだと思ってみていたが、昨夜のテレビで、彼女は、ニューメキシコで最後を迎え、97,8才まで長生きした人だということを知った。





生き物の骨に生命力を感じ、ニューメキシコのお墓に供える造花と組み合わせて描いている。花を見て、彼女は自分の内面からの表現したいものを花の中に見出した。確かに、彼女の絵は、性的なものを感じるが、それこそ柔らかでしなやかな女性を表現している。そして彼女は、自分の裸をさらけ出すように、動物の白い屍に、強い生命を感じたのだろう。


同じカテゴリー(art)の記事画像
ガラス工芸
吉田堅治が残した平和への願い
ガラス工芸
ピカソ展
禅、心から形へのアート
福井敬、リサイタルと母の日
同じカテゴリー(art)の記事
 ガラス工芸 (2016-10-09 01:18)
 吉田堅治が残した平和への願い (2016-09-20 01:26)
 ガラス工芸 (2016-09-13 11:58)
 ピカソ展 (2016-06-03 16:52)
 禅、心から形へのアート (2016-05-14 13:56)
 福井敬、リサイタルと母の日 (2016-05-08 10:18)

Posted by アッチャン at 02:49│Comments(0)art
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。